女性が気になっているエストロゲンの効果についての紹介 | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



女性が気になっているエストロゲンの効果についての紹介


女性らしいからだをつくる

目次

1、エストロゲンとはそもそも何の物質であるのかを紹介

2、エストロゲンを摂取するための方法や食べ物の紹介です

3、その他のエストロゲンを摂取するための方法の紹介です

エストロゲンとはそもそも何の物質であるのかを紹介

エストロゲンはステロイドホルモンの一種であります。我々人間にとって非常に重要な物質かつ、なくてはならない存在であります。また、思春期における身長の伸びはエストロゲンの分泌が促進されることで起こっている、同時にエストロゲンは骨端線を閉鎖させる作用もある。その結果女性の場合、思春期における身長の伸びは男性より早いが、骨端線の閉鎖も男性より早いため結果的に成人男性より平均身長が低くなります。つまり、エストロゲンはわたしたちの中学時代や思春期のときにおおく分泌をされているのです。わたしたちの体の成長などはこのエストロゲンのおかげであります。男性の場合は体の伸長や声変わりなど、女性では、丸みを帯びた体つきや胸の成長や月経の発生などあります。そしてこれは成人になった人であっても分泌がされているのであります。

大豆製品

エストロゲンを摂取するための方法や食べ物の紹介です

エストロゲンのまたの名前を女性ホルモンと呼ばれております。つまりエストロゲンは女性に大きく影響している物質であるのです。これを多く摂取を行えば、女性らしさの向上や維持ができると医学的観点からも証明をされております。摂取すれば、美容の維持はもちろん、年齢を重ねたときの老化の進行なども防ぐことができます。それを摂取するためにはどうすればよいのかを紹介します。エストロゲンが多く含まれているのはビタミンEが主となります。食材をピックアップすればモロヘイヤ・大根の葉・かぼちゃ・アボカド・アーモンドなどに多く含まれています。 そして、卵巣で作られたエストロゲンの代謝には、魚(特にマグロの赤身)・バナナ・にんにくなどに多く含まれている「ビタミンB6」が必要です。日頃から「ビタミンB6」をしっかり摂ることで、PMS(月経前症候群)やつわりの軽減にも役立ちますよ。

壇中

その他のエストロゲンを摂取するための方法の紹介です

ホルモンの分泌が活発になるのは夜なので、就寝前のリラックスした状態で行うのがもっとも効果的です。手が冷たい場合は、あらかじめ少し温めておくのがおすすめです。入浴などもぬるま湯に長時間つかっていることも効果的だと言われております。そのたは、マッサージを行い、体のツボである壇中(だんちゅう)渕腋(えんえき)のツボを指圧でおさえることでも、体内が刺激を受けて、エストロゲンを放出すると言われているのです。最後ですが、恋愛をしている最中であってもエストロゲンが体内で作られます。よく「女性は恋をするとキレイになる」といわれますよね。発情期とそうでない時期の差がはっきりしている動物の場合、オス・メスとも発情期になると性ホルモンの分泌が活発になります。この作用によって、ある動物は体の色がキレイになったり、美しい声が出るようになったりして異性を惹きつけるのです。最後のまとめとして、やはり生活習慣が一番重要となります。これらの事を繰り返し、継続をして行うことにより、美容を維持することができるのです。