ホルモン剤の投与に多く見られる薬による治療の副作用



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



気になる薬による治療の副作用


女性ホルモンを補う薬の需要が増えている

気になる薬による治療の副作用
近年、更年期以外でも、女性ホルモンの治療を求めて病院を訪れる人が増えているようです。
不規則な生活習慣が各年代で一般化し、また過重なストレスによって生理サイクルが乱れ、月経困難や、重症の月経前症候群PMSが引き起こされているのです。
これらの症状の治療には、エストロゲンなど女性ホルモンの投与が行われますが、現在では飲み薬の他、身体に貼るパッチタイプ、サプリメント、化粧品などもあります。
飲み薬の代表的なものとしては、プレマリンやエストリール、ジュリナ、ウェールナラ配合錠など、貼り薬、塗り薬にはエストラダーム、ディビゲルやルエストロジェルなど、また従来から利用されている注射にはプロギノンデポーが上げられます。
つらい症状が続くと、一刻も早く治したいと思うのは誰しも同じです。
投薬方法はその希望に応えますが、一方でほとんどの薬には副作用がみられます。

更年期以降発症しやすい骨粗しょう症への対応として、選択的エストロゲン受容体モジュレーターという薬が用いられますが、骨に対してはエストロゲンと同じ作用をしながらも、子宮内膜や乳腺組織には作用せず、がんの発生のリスクが低いと言われています。
しかし、こむら返りやほてり、などの症状が副作用としてみられ、まれに、肺塞栓症(エコノミークラス症候群)の発生する恐れがあります。

ホルモン剤の投与に多く見られる副作用

ホルモン剤
このように、薬によって多少差異はありますが、ホルモン剤を投与することにより、発疹、 むくみ、吐き気、食欲不振、頭痛、めまい、肩こり、倦怠感、発汗、発熱、のぼせなどといった症状が表れる場合が多いようです。
また、必ず言われるのは、太りやすいということです。
ホルモン治療を受けた女性のほとんどは、数ヶ月の間に体重を自覚します。
これは女性としてはかなりつらいことです。
治療を受けながら、体重を気にするあまり無理なダイエットをして、ストレスを感じては本末転倒です。
また、エストロゲン剤を投与することによる、がんの発生リスクも否定できません。
元々、ホルモン剤による治療が最も行われていたのはヨーロッパですが、女性の半数以上がホルモン剤を利用していた時期があります。
アメリカで行われているホルモン剤についての研究報告には、長期にホルモン剤の利用によってガンの発生率が高まるという結果があります。
直接エストロゲンを増やす薬の投与による治療は、成果が出やすいと同時に、副作用や病気の発症というリスクも負うものです。
漢方医穏やかな効き目がある、漢方薬の利用や、サプリメント、食生活の見直しなどを上手に活用し、より危険性の少ない方法にシフトすることをお勧めします。
できれば、薬に頼らず自分の身体の力を向上させ、正常なホルモンバランスを取り戻してゆきたいものです。
薬のように性急な結果は望めないにしても、自分で改善しようとする意識を高めることで、より健康的な美しさを手にすることができるのではないでしょうか。