女性にとって大事なエストロゲン | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



女性にとって大事なエストロゲン


女性のココロとカラダをつかさどるエストロゲンって?

美容

エストロゲンとは?

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで、別名「卵胞ホルモン」とも呼ばれます。

脳の視床下部から脳の下垂体を刺激するホルモンが分泌されると、下垂体が反応して性腺刺激ホルモンを分泌します。するとそれに卵巣が反応し、卵巣の中で眠っている卵胞のうちの10~20子が成長を始めます。この卵胞の成長をサポートするために卵巣から分泌されるのがエストロゲンです。


エストロゲンを増やす方法アロマ

エストロゲンには次のような作用があります

  •  女性らしい丸みをおびた体をつくる
  •  卵胞の成熟を促す
  •  受精卵の着床を助けるために子宮内膜を厚くする
  •  精子が子宮の中に入りやすいように頸管粘液の分泌を促す
  •  自立神経、感情の働きを整える
  •  骨の形成を促し血管収縮を抑制する
  •  基礎体温をあげる

エストロゲンには女性らしい美しさと健康を保つばかりでなく、正常な月経と妊娠の手助けにも重要な役割を担っています。 生理不順の多くは、ストレスを受けて自立神経を乱し、エストロゲンの分泌に影響が出るため、周期が乱れてしまいます。正常な生理周期はエストロゲンの分泌が深く関係しています。

乳がん

また、エストロゲンは正常な月経をもたらすばかりでなく、妊娠にも重要な役割を果たしています。

エストロゲンは、子宮内膜に対して、着床の準備をするように働きます。具体的には、エストロゲンは子宮内膜を増大させて内膜に厚みを持たせるように作用します。これは暑くなる事によって着床しやすく、栄養を生きた渡らせるようにするためなのです。すなわち、受精卵が着床した時に備えて、受精卵を育てていけるだけの環境を提供して、受精卵が着床するのを待っているのです。

では、このように体の内部ではすっかり妊娠の準備が整えられている状態で、私たち女性のココロはどうなっているでしょうか?

生理前の排卵日はエストロゲンが特に活性化する時期です。このとき理性のコントロールが利かなくなってしまうくらいに感情豊かになっていると言われています。排卵前にエストロゲンが多く分泌されるために、本能的に男性を受け入れたいという感情を起こすしくみになっているのです。体の準備が整い、心も男性を受け入れやすくなり、妊娠しやすい身体とココロに整えてくれるという役割をエストロゲンは持っているのです。女性は生理が来て、終わって、しばらくすると排卵期、そしてまた生理。この一連のサイクルの中で、もっとも男性に選ばれやすい時期がこの排卵期だと言われています。要するに、もっとも妊娠しやすいタイミングに女性がエストロゲンの作用で魅力的になり、男性に選ばれやすいなんて、すごいですよね。


女性の悩み

まとめ

いかがでしたか?

いかがでしたか?エストロゲンは正常な月経をもたらし、さらに女性の身体と心の両方を妊娠しやすい状態に整えてくれる作用があることが分かりました。エストロゲンを正常な分泌を持続させるには、ストレスは大敵です。

忙しい現代社会、ストレスをゼロにすることはなかなか難しいですが、上手に気分転換して、健やかな状態でいられるように心がけましょう。