エストロゲンの基準値



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



私は大丈夫?エストロゲンってどれくらいあれば正常?


エストロゲンは周期と年齢で激変する

エストロゲンの量を表すエストラジオール値は、
生理のサイクルや妊娠・閉経などの体内の変化によって大きく異なります。

 

[月経周期]

  • 卵胞期(月経開始から排卵まで)前期 11~82pg(ピコグラム)/mℓ
  • 卵胞期後期 52~230 pg/mℓ
  • 排卵期(排卵日) 120~390 pg/mℓ
  • 黄体期(排卵後から月経まで) 9~230 pg/mℓ

[妊娠中]

  • 妊娠前期 2300~7400 pg/mℓ
  • 妊娠中期 9700~18400 pg/mℓ
  • 妊娠後期 16500~32400 pg/mℓ
  • [閉経後] 22 pg/mℓ以下

 

エストロゲンは周期と年齢で激変する
妊娠中は胎盤から分泌が多くなり、エストロゲンの量は最大になります。 妊娠していないにも関わらず、エストラジオール値が高く検出される場合は、卵巣の病気の可能性が疑われます。
また、肝硬変が起こると、通常は肝臓で分解されるエストロゲンが残留するため、数値が高く現れます。
エストラジオール値を調べることでは、卵巣機能、卵巣過剰刺激症候群、妊娠の可能性、更年期・閉経の可能性、無月経の確認、エストロゲン産生腫瘍の有無、卵胞発育障害、黄体機能不全、肝硬変の可能性を確認することができます。
しかし、一般的な指標であっても人によっては時々の状況での、数値の変動が考えられます。
基準値内だからと言って身体の異常を訴える場合、何らかの疾患が隠れていないとは限りません。
また、基準値から外れていても、体調や生理周期による数値の変動があるため、一概に異常とは言えません。
再検査により、問題がないと言われることも多いようです。

 

エストロゲンは周期と年齢で激変する

女性の場合、エストラジオールの数値が基準値を大きく上回っていれば、最初に考えられるのは妊娠です。 妊娠していないことが確認された場合に起こり得る可能性としては、副腎皮質過形成症候群、肝硬変、エストロゲン産生腫瘍、卵巣機能障害などの疾患が挙げられます。

逆に数値が基準値を下回っている場合には、閉経前後の更年期障害、卵巣機能低下症、胎盤機能不全、無月経などの診断がされる可能性が高くなります。

 

女性に必ず訪れる更年期ですが、エストロゲンの減少により起こる症状は人によって期間も内容も異なり、中にはまったく症状を訴えない人もいます。

女性ホルモンの急激なバランスの変化により、エストロゲンは一気に分泌が落ち込みますが、その後は次第に落ち着いてきます。

それに従って、つらい症状も和らいでくるようになります。

 

実は男性にもエストロゲンは存在します。

男性ホルモン

当然女性の比ではないものの、男性のエストラジール数値の正常範囲は「20~60pg/ml」内の範囲で、女性のように大きな周期による変化はありません。

 

男性で範囲内を超えてエストラジール数値が高い場合は、多くの場合、肝硬変などの肝臓の疾患が考えられます。

逆に数値が低い場合には、健康上の問題はありません。

 

女性らしさを作り上げるホルモンとして知られるエストロゲンですが、生理、妊娠といった大きな役割の他に、健康を正常に保つ重要な働きがあります。

不定愁訴に代表される「何となく不調」が続くようであれば、エストロゲンの数値が基準値に対して、正常かどうかを一度確認してみる必要があるでしょう。