生活習慣によりエストロゲンの分泌が低下してしまう



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



生活習慣によりエストロゲンの分泌が低下してしまう


不規則な生活習慣

更年期

 エストロゲンは年齢とともに、分泌が減ってしまいますがそれだけではありません、生活習慣によりエストロゲンの分泌が低下してしまうのです。女性の身体は特にデリケートなので、環境の変化やストレスなどちょっとした変化でもホルモンバランスが崩れやすくなります。女性ホルモンのバランスを整えるために、以下の点に気を付けてみてください。

入浴はシャワーだけで済ませる

冷え症、いわゆる温かい場所にいるのに手足の末端が冷えるという人は、全身の血行が悪くなっている可能性があります。入浴時に湯船につからずにシャワーだけで済ませてしまう人には、エストロゲンの分泌を促す卵巣の機能が低下してしまう可能性があります。また、冷たい飲み物だけ飲んでいる場合にも冷えやすい体質になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

食事が乱れている。

朝食を抜いたり、栄養バランスが崩れてしまうとエストロゲンの分泌低下につながります。 偏食の多い食事は、ホルモンバランスを崩します。過度なダイエットや偏った食事にならないように気を付けましょう。

過労やストレス

人間関係や仕事の悩みなど、様々なストレスを感じることで、自律神経のバランスが崩れてしまいます。これにより卵巣刺激ホルモンの量が低下し、エストロゲンの分泌が減少します。精神的なストレスだけでなく、過労による肉体的ストレスも同様です。

寝不足

寝つきが悪い、眠りが浅い、夜更かしをしてしまうなどという習慣があると卵巣のはたらきが低下し てしまい、エストロゲンの分泌も低下してしまいます

運動不足

運動をすることで全身の血管を拡張し、血流を良くします。そのことにより、子宮周りの体感部分も暖まり、エストロゲンの分泌を促す効果が期待できます。運動不足になってしまうと、血液循環が悪くなり。冷え症を促進させてしまい、エストロゲンの分泌も減ってしまいます。

 

エストロゲンの低下を防ぐ生活習慣

入浴やシャワー

シャワーだけでなく湯船につかる、温かい飲み物を意識的にとる、腹巻などを使用してお腹周りを温めるなど、常に身体を温めて全身の血行を良くするように心がけましょう。

バランスの良い食事

栄養バランスの良い食事をとるように、心がけましょう。

ストレスの解消をする

気温の変化などによっても、ストレスを受けやすいので、ストレスを完全になくすという事は不可能です。ストレスを溜め込まないように心がけましょう。ストレスの解消法としては、適度な運動や入浴がお勧めです。また、リラックスできる時間を作ることも大切です。友人と外食をしたり、アロマ で香りを楽しむ、趣味の時間を充実させる、マッサージを受ける、音楽を聴くなど個人によってストレス解消法は様々だと思いますが。ストレスを解消する時間を積極的に儲けましょう。

質の良い睡眠をとる

睡眠不足にならないようにするために、規則正しい生活をしましょう。睡眠不足などで、脳の機能が低下していると、ホルモンの分泌が乱れ、さらにホルモンの分泌が乱れる事で脳や身体の機能も低下します。

適度な運動

適度な運動をして、血液の循環を良くすることで全身の血流を良くしホルモンバランスを整えます。 適度な運動をすることで睡眠の質も上げることが出来ます。