エストロゲンは肌を若々しく保つためのホルモンです



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



女性の周期に合わせって美肌スキンケ


スキンケアクリニックについて

ホルモン補充療法と呼ばれる、ホルモン注射を打ってくれるたり、外皮薬を出してくれる美容クリニックがあります。エストロゲンは肌を若々しく保つためのホルモンですが、女性の場合、生理後~排卵日(生理と次の整理の中間あたり)までの2週間弱までは、肌の調子が良いです。これはこの時期はエストロゲンの分泌量が多い為です。
  排卵日から次の生理までの時期(黄体期)は逆にエストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンの分泌が増えてきます。この時期にニキビが出来たり、肌が脂っぽくなったり、ざらついたりすることがあります。このプロゲステロンは男性ホルモンと同じ作用を持つためです。
また、ストレスによる大人ニキビは良い治療方法がありませんでしたが、エストロゲンゲルを用いた外用療法は大人ニキビにも効果的です。エストロゲンが男性ホルモンと対抗して、肌荒れを予防します。また、肌に塗るだけでその部分の皮膚に作用することを目的としています~、ホルモン剤の内服や注射 のような全身への心配も少なく、使う事ができます。この外用療法は美容整形外科等で処方してもらう事が可能です。
エストロゲンの現象に伴い、更年期障害のホルモン療法に「エストロゲン注射」というものもありますが、エストロゲンの効果が期待できる反面、注射おをやめてしまったりすると副作用が起きたり注射を打っている最中にも、骨量の低下や肝臓障害、ほてり、うつ状態等の副作用がおきるリスクもあるため、ホルモン注射よりも塗布薬の使用をお勧めします。

ホルモンのバランスが生活を豊かにする

【正常なホルモンバランスを保つためにはまず知ることが大切】



アンチエイジングとしての効果と使用方法について

美容
海外ではアンチエイジングとして、外用エストロゲン剤のアンチエイジング効果が盛んに研究され、シミ・シワ・タルミ毛穴・乾燥肌に対して効果的であるというデータが発表されました。
 エストロゲンは、皮膚に刺激がほとんどなく、元々体内に存在する物質です。加齢による肌の老朽現象が気になり始めたら、エストロゲンゲル外用療法を試してみるのも良いと思います。
 使用方法としては、比較的簡単で1日2回朝晩、化粧水などでお肌を整えた後に塗布してください。
 直後に少し、ピリピリっとした感じがあるかもしれませんが、2~3分で落ち着きます。5~6分程度すればゲルが乾きます。その上から保湿クリームをしようすれば、お化粧をしても問題はありません。ゲルが乾くまでの間にこすると、ゲル成分がボロボロ落ちてきますが効果に変わりはありませんし。乾いた後ン未皮膚の表面がつっぱる感じがするという方もいます。しかし。これは使い続けると肌の水分が増えていくための過程になりますので、安心してお使いいただけます。
 生理前のニキビケアの場合も、生理前に外用するのではなく基本的には毎日、外要するのがおすすめです。これはニキビの原因となるコメドを予防するためです。摺っており度ホルモン外用剤のような、中段によるリバウンドなどの現象はありません。エストロゲンの肌への吸収をよくするため、ケミカルピーリングとの併用をお勧めします。
ケミカルピーリングとは皮膚の表面に塗布する薬剤で、新陳代謝が悪くなった角質層をはがす治療法です。使用する薬剤により、角質をはがすだけであったり、肌の新陳代謝を活性化させたりと効果に違いはあります。