エストロゲンは意識しだいでダイエットに効果的



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



女性の周期を考えてきれいに痩せよう


エストロゲンを意識したダイエットをする時期

ダイエット
女性が気を付けなければいけないのは生理周期で、この時期を間違えるとダイエットの効果が減少するだけではなく、身体にも負担をかけ美容にも影響を与えてしまいます。これはエストロゲンの作用と関係があります。

痩せるホルモンとも呼ばれているエストロゲン。このエストロゲンは卵巣や子宮の発達を促進し、身体を排卵に備える働きがあります。この期間は、心身ともに調子がよくなり、集中力も高く、比較的激しい運動などをしても問題のない期間です。

  また、エストロゲンは内臓脂肪が蓄積されるのを抑える働きもあります。生理になると体内にためていた余分な水分や老廃物が排泄してくれます。さらに、エストロゲンの分泌が始まることで太りにくい時期に入りますので、食事制限や運動をする精神力があるこの時期にダイエットをすることが効果を出しやすい時期と言えます。そのことから、エストロゲンは「美容ホルモン」という名称のほかに「痩せるホルモン」と呼ばれているのです。

逆に排卵日か生理までの期間に分泌されるプロゲステロンは子宮内膜や、子宮筋を整え、体温を高くして支給で受精卵を育てる準備をするので、この時期は身体が「貯め込む」時期に入るためダイエット効果を期待しにくい時期になります。

有酸素運動で乳がんのリスクが減らせる

ランニング
また、有酸素運動を行う事で乳がんの発生率を減らすという事も報告されています。有酸素運動を行った女性では「悪い」エストロゲン代謝物に対して、「良い」代謝物の割合が上昇したと米国癌学会の学術誌によって発表されています。有酸素運動がエストロゲンの代謝経路に影響することで「良い」代謝産物をより多く産生することによって、乳がんのリスクを低下させることを示しています。このようなことから考えて、エストロゲンの分泌と有酸素運動は関係がありダイエットに効果的であるとともに、乳がんの発生率を低下させるという事で、健康的に美容を維持するために必要な運動であるという事がわかります。


女性らしさの源、3つのエストロゲン

【3種類のエストロゲンの役割】