意外なほど効果的!エストロゲンはアロマで補強



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



エストロゲンを増やす方法アロマ


香りとホルモンって関係あり?

アロマ
良い香りのするアロマを愛用している女性は多いようですが、更年期障害などにも有効なことはご存知でしょうか?
香りで症状が回復するなんて、信じられないような話ですね。
けれど、エストロゲンの分泌は脳内物質と深い関わりがあります。
アロマを生活の中に取り入れることで、女性ホルモンの生成を活発にし、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。
アロマ療法に利用されるのは、純粋な植物由来の精油です。
古くから多くの国の民間療法にも利用されてきています。
アロマは鼻から吸い込まれた成分が、呼吸器や肺から吸収され、各機能に働きかけます。
また、マッサージオイルに加え、直接皮膚から吸収する利用法もあります。
香りとして吸収するには、アロマディフューザーを利用する、または精製水などで希釈したものをフレッシュナーとしてハンカチやリネン類にスプレーする方法があります。
マッサージに利用する場合は、精油によっては刺激を感じたり、効果が強すぎる種類もあるので、肌の状態や症状に合せて量を調節しながら使用することが大切です。
ストレスや更年期によってエストロゲンが減少することにより、脳内のセロトニンの分泌も不足します。
セロトニンは睡眠、食欲、体温調節、痛みなどと言った、人間の基本的な活動についてのバランスを調節する働きがあります。
また、精神を安定する働きもあります。
そのためセロトニンの不足は、全体的な身体の不調に加え、うつ症状などの原因となるのです。
アロマを吸収することにより、その香りは大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)や視床下部に刺激し、エストロゲンの分泌を促します。
リラックス効果とともに、身体全体の活性化につながり、もやもやとして気分もすっきりとしてくるでしょう。

エストロゲン増強にお勧めのアロマ

ローズ
最近の研究では、一般に女性に好まれるローズには、実はかなりの効能があることがわかりました。
優しい香りで精神を穏やかにしてくれるばかりではなく、女性ホルモンのバランスを整えるため、生理痛を緩和し、サイクルを安定させます。
また、アンチエイジング効果、肌の炎症緩和も確認されています。
最高級品と言われるローズ・オットーはアロマの女王的存在で、ヨーロッパでは古くから不老長寿の精油として珍重されてきました。
その他、女性ホルモンと関係が深いアロマとしては、クラリセージ、フェンネル、サンダルウッド、サイプレス、ネロリ、ジャスミン、イランイラン、ゼラニウム、アネトール、ニアウリ、そして万能アロマの代表であるラベンダーが上げられます。

女性ホルモンと関係が深いアロマ

  • クラリセージ
  • フェンネル
  • サンダルウッド
  • サイプレス
  • ネロリ
  • ジャスミン
  • イランイラン
  • ゼラニウム
  • アネトール
  • ニアウリ
  • ラベンダー

どのアロマでも、エストロゲンの不足による不快症状を補ってくれる効果があります。
例えばクラリセージには、不安感を軽減し、更年期症状を緩和する働きがありますし、ゼラニウムには生理痛を和らげてくれます。
柑橘系とフローラル系の香りを併せ持つネロリは、精神安定効果抜群です。
仕事による緊張、ストレスを解きほぐし、質の良い睡眠をサポートしてくれます。
大切なことは、どんなに高い効果があっても、自分が嫌だと感じる香りは無理に使わない、ということです。
似たような効果がある精油はたくさんありますので、その中から好みを重視してストレスなく利用してください。
また、複数をブレンドすることで相乗効果があったり、気に入る香りになったりします。
先にあげた物以外でも、気軽に試してみると良いでしょう。
アロマは薬ではありませんが、時にそれ以上の効果をもたらします。
いろいろなシーンで効果的に利用することで、つらい精神状態や、女性特有の症状から救ってくれることでしょう。