恋をしてエストロゲンを増やそう



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



恋多き女ほど美人!?恋をしてエストロゲンを増す


なぜ恋をすると女性はキレイになるのか

美人
古くから一般的に言われていることですが、恋をしている女性がキレイだというのは、感覚的なものだけではありません。
素敵な人を見てドキドキする、デートのことを考えてワクワクする、それだけで脳内では様々な現象が起こっているのです。
こうした刺激によって快感物質のドーパミン、幸せ物質のセロトニンの分泌が多くなり、それに従ってエストロゲン生成が促されます。
美を司るホルモンであるエストロゲンが大量に分泌されることで、肌はうるおい、血流が活性化します。瞳が輝き、唇や頬は色を増し、まさに香りたつような「良い女」ぶりとなるわけです。
エストロゲン生成
快感物質 ドーパミン
幸せ物質 セロトニン

「恋する」ことは科学的にも、キレイを促すエストロゲンに直結しているのですね。
エストロゲンこそは「これぞ女!」を作り上げる大元になっていますので、恋をしてエストロゲンの分泌が増加している状態の女性には、多くの男性の目が引き寄せられることになります。
恋多き女とは、エストロゲンの固まりと言っても良いでしょう。
なぜあの人はいつも彼氏がいるんだろう?と不思議に思ったら、その理由は女性ホルモンの分泌にあります。

恋してないとエストロゲンは増やせない!?

しかし、恋をしろ、と言われて簡単にできるものではありません。
仕事が忙しくてそれどころじゃない、周囲にときめくような人なんていないわ、という女性も多いでしょう。
実は擬似恋愛であっても、問題はありません。 エストロゲンを増やすことはできるのです。
先にあったように、脳はワクワク、ドキドキすることでホルモンの活性化が始まります。

Accident1200
タレントやアーティストや俳優に対してときめいても、エストロゲンは分泌されます。
脳にとっては現実の彼氏か、妄想上の(?)彼氏かは関係ないのです。
同様に、映画や小説でときめくのもOK。
スポーツに夢中になって応援する、子どもやペットを思い切り可愛いがる、などでもエストロゲンの生成につながります。
つまり、物事に対して興味を持ち、高揚感を得ることが大切なのです。

高揚感!?感動があればエストロゲンは増える。

逆に恋愛関係にあっても、それがつらい状況になっていると、エストロゲンは減少してしまい、女性的な魅力にはつながりません。
ストレスが大きいと、逆効果となってしまいます。
あの人は恋愛する暇もないほど仕事に没頭しているのに、とてもキレイという人が周囲にいたら、それは彼女が本当に仕事を楽しんでいるということなのでしょう。
あなたの幸せの瞬間はなんですか?
幸福感に満たされた状態を続けることで、脳がそれを感知して最終的にはエストロゲンを増やしてくれます。
自分の好きなことを見つける、アンテナを張り巡らせて楽しいことをキャッチする。
実はそんなことが、女性らしい美しさにつながっていたのですね。
いくつになっても、可愛い色気に満たされた女性は存在します。
彼女たちの美しさの秘密は、楽しいことや幸せなことに対しての貪欲で柔軟な姿勢にあるのかもしれませんね。