エストロゲンが不足してしまう原因は偏食



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



美は食生活の見直しからエストロゲンと豊かな生活


エストロゲンと食生活

食生活
 エストロゲンが不足してしまう原因に、偏食の多い食生活というものがあります。過度なダイエットや偏った、食事はホルモンバランスを崩します。ダイエットのためにカロリーの低い野菜ばかり食べるのも良くありませんし、タンパク質が足りないとホルモンバランスを崩しやすいのでお肉やおさかなもしっかりと食べるようにしましょう。
女性ホルモンであるエストロゲンの働きを助けるのは、大豆のイソフラボンやビタミンEです。また、抗ストレス作用(抗酸化作用)のあるビタミンCなどを食食事に取り入れると、エストロゲンの低下を防ぐことが出来ます。
その他に、ザクロやアーモンド・ウナギなども女性ホルモンを作る材料になります。
炭水化物、タンパク質、ビタミン、鉄分、カルシウムなど様々な食品をバランスよく摂取していなければ、エストロゲンが不足してしまいます。

無理なダイエットは逆効果

ダイエット
ダイエットといって、カロリー摂取ばかりを気にしてベジタリアンと呼ばれる野菜だけの生活などをしているとエストロゲンの不足の原因になります。また、甘味料などを多く含むお菓子などを主食にしている場合にもエストロゲンの分泌は減少してしまいます。
ダイエットをする場合にも、栄養バランスを考えてしっかりとした食事をすることで、エストロゲンの分泌低下を防ぐことが出来ます。下記の点に注意をして食事を摂取してみるように心がけてみましょう。

エストロゲンと似たイソフラボンを多く含む食材を摂取する。

ダイエットにも効果的と言われるイソフラボン。納豆や豆腐、キナコといった食品に多く含まれています。豆乳にも多く含まれており、豆乳鍋などにすると体を温める効果も期待できるためお勧めです。 その他にも、大豆で作られたプロテインなどを間食時に飲むのもお勧めの1つです。

エストロゲンを促す成分ボロンが豊富に含まれいる食品

エストロゲンを促す成分が多く含まれている食品の中には、ナッツ類、キャベツ、リンゴ、ブドウ、モモ、ナシ、レーズン、わかめやひじきなどの海藻類です。しかし、ボロンは熱に弱い為加熱せずに食べる事をお勧めします。

エストロゲンに似た働き、レソシル酸ラクトン類が含まれている食材

ゴマや、小麦、えんどう豆などがあります。ゴマなどに関しては、そのまま食べることは難しいと思いますが、サラダにトッピングやパスタにトッピング等調理方法を工夫して摂取するように心がけてみましょう。

エストロゲンの分泌を調整するビタミンEが豊富に含まれている食材。

ビタミンEが多く含まれている食愛にはカボチャやアボガド、アーモンドがあります。ビタミンEは脂溶性ビタミンなので脂と一緒に撮ることをお勧めします。しかし、水溶性ビタミンと違い上限摂取量というものが定められていますので摂りすぎには注意をして下さい。

エストロゲンの代謝に必要なビタミンB6が豊富に含まれている食材。

マグロの赤身やバナナがビタミンB6を多く含んでいる食品になります。バナナなどは朝食時に糖質の栄養補給としても最適なのでぜひ、意識して食べてみると良いでしょう。