エストロゲンが減少すると若い人でも痩せにくくなる



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



エストロゲンがあるからムキムキにならない!


エストロゲンと筋トレ

筋トレ
 これまでにも、エストロゲンについての説明はしてきましたが年齢を重ねると減少してしまいます。 更年期以降は脂肪代謝を促してきたエストロゲンが減少する事で若いころよりも痩せにくくなります。更年期に突入をしたら「必要のないエネルギーは摂取しない」「代謝のよい身体になるようにする」事が需要になります。「筋トレをしたら男性のようにムキムキになるから筋トレはしない!」という方はご安心ください。女性にはエストロゲンがあるので、女性は男性ほどムキムキにはなりません。ボディビルダーのように、食人気を付けサプリメント摂取し、生活環境自体をおお幅にかえなければ、そのような身体にはなりたくてもなれないのです。

女性ホルモンである「エストロゲン」が女性らしい肌や、声、身体を作り毛髪を成長させてくれます。このホルモンがあるおかげで、筋肉が大きくなるのではなく“引き締まった女性らしい身体”にしてくれるのです。あとは、筋トレをすることにって、成長ホルモンというホルモンも分泌されます。これにより肌がきれいになったり、若々しくなったりと女性にっては良いことがたくさんあります。

エストロゲンと骨密度について

骨密度
女性ホルモンであるエストロゲンと、骨密度は大きな関係があります。性ホルモンであるエストロゲンが分泌されると、甲状腺からカルシトニンが分泌されます。エストロゲンが分泌されないとカルシトニンが分泌されません。つまり女性ホルモンが分泌されないと、甲状腺が働かなくなってしまうのです。

カルシトニンは骨がカルシウムを癒着させるために必要なホルモンです。そこで重要となってくるのが運動です。骨粗しょう症は、骨が荒くなってスカスカになてしまい、転倒などで骨折してしまうという病気です。主に、閉経後の女性に多いのは、エストロゲンの分泌が低下することによりカルシトニンが分泌されず、骨形成が上手くできなからです。そうならないために、貯骨が重要になります。貯骨とはエストロゲンの分泌が活性化されている若いうちに、筋トレなどをして骨密度を高めておくことです。骨粗しょう症の予防としては、下記の物が挙げられます

カルシウムおよびビタミンDの摂取

カルシウムおよびビタミンDの摂取については牛乳やヨーグルト等といったカルシウムの摂取を行う事。その時に、一緒にビタミンDを摂取することで吸収率が良くなります。

日光浴

美白という事で紫外線をシャットするために、日焼け止めをたくさん使っている人は多いと思います。しかし、日光浴をすることで体内にあるプロビタミンがビタミンD変換される事により、カルシウムの沈着を助け骨密度が上がります。

筋力トレーニングなどの運動

骨は長軸方向に刺激を与えることにより、破骨細胞が骨を壊し(痛みの感じない微弱な骨折)、それを骨芽細胞が修復していく過程で骨は強くなっていくのです。
エストロゲンの分泌が少なくなる前に、運動をすることで骨密度を高くしておき、エストロゲンの分泌が減ってきたときに骨粗しょう症にならないようにすることが重要です。