ヨガやスロートレーニングで安定した生活



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



ヨガやスロートレーニングで安定した生活


ヨガなどのエクササイズ

コブラのポーズ
 いつまでも綺麗でいたいとか、女らしくいたい気持ちは女性として大切な事。女性ホルモンとヨガのポーズには関係があります。卵巣から排出されるエストロゲンの分泌を安定させるには、卵巣や子宮をマッサージすることも大切です。そのためには“前屈”や“後屈”といった効果が刺激的です。  
たとえば「コブラのポーズ」というものがあります。どのようなものかというと、うつぶせの姿勢から腕を使いながら上半身を添って、首を持ち上げるポーズです。背骨1つ1つにも強い刺激がかかり、その周辺の筋肉を強くしておなか周りの期間をマッサージ(血液循環を良く)します。
生理痛の時はお腹周りを温めるほうが良いという話を聞いたことがあると思いますが、この前屈や後屈といったポーズは下半身の骨盤あたりの血流を良くする効果があります。なかなか、整理中に激しい運動というのは行いたくないという気持ちもあるとおもいます。しかし、このように「前屈」「後屈」といった軽い運動を行うことで、卵巣や子宮をマッサージし血流を良くすることで、エストロゲンの分泌を安定させ増やすことができるのです。


スロートレーニングの効果

ヨガ
スロートレーニングという言葉を耳にしたことはあるかと思います。スロートレーニング自体がエストロゲンに直接作用をするかというと、そういうわけではありません。しかし、エストロゲンの分泌低下によって「痩せにくく、太りやすい身体」になってしまうのです。
それを考えたうえで、女性ホルモンの働きの代わりに痩せやすい身体づくりをしてくれるのが「成長ホルモン」になります。スロートレーニング、いわゆる「スロトレ」はその名の通りゆっくりと行う運動の事。運動をしているあいだ、ずっと軽い負荷で筋肉の緊張を高めることにより、筋肉量が増え、ダンベルやマシンを使った「きつい」と思われる筋力トレーニングと同様に、基礎代謝がアップし太りにくい身体を作るのです。動きが簡単で緩やかなので「運動が苦手」とうい人にも向いています。
スロトレは、無酸素運動になります。無酸素運動を行った後、しばらくは脂肪が燃焼しやし状態が続きます。その働きを起こすのが「成長ホルモン」です。子供から大人に成長する過程でさかんに分泌された筋肉や骨を助長しますが、大人でも分泌され体脂肪の分解を促します。
スロトレを行うポイントとしては、「筋肉の力を緩めずに動く」事が大切です。スロトレの特徴は、軽い力でゆっくり動くのに筋肉が鍛えられます。運動中に膝を曲げきったり、伸ばし切ることなく、常に筋力に力を入れ続けるので、その間は筋肉が収縮して筋肉内の血流が抑制され続けた状態となります。この状態が、重い負荷をかけて運動しているときと似ているので、身体は「激しい運動」をした時と同じようにして筋肉をつけ痩せやすい身体にします。
運動がエストロゲンを増やすという効果はそれほど期待できませんが、エストロゲンが減った分、それを補う代わりのホルモンを分泌するのに、とても有効で美容を保つために、必要な運動になります。