エストロゲンとは何か。また増やす方法はあるか。果たして | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



エストロゲンとは何か。また増やす方法はあるか。果たして


美容

目次

1、エストロゲンとは、なんだろう。どんな効果があるだろう。

2、エストロゲンを増やすツボ。効果があるといいですね。

3、意外なところで、エストロゲンが増える?ためそう。

エストロゲンとは、なんだろう。どんな効果があるだろう。

こんばんは。耳にすることは、あるけれど、エストロゲンてなんだろう?
女性の美容と健康に欠かせないホルモンに「エストロゲン」という女性ホルモンがあります。妊活をしている女性にとっても、エストロゲンを正常に分泌させることが大切です。では、このエストロゲンを増やすには、どんなことを心がけるといいのでしょうか?今回はエストロゲンを増やす方法についてまとめました。

なるほど。綺麗になれるんですね。もう少し調べてみましょうか。
「エストロゲン」とは、女性ホルモンのひとつで、女性らしさに大きく関わっています。妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、女性らしい身体をつくったりする、女性にとって大切なホルモンです。加齢とともにエストロゲンの分泌は減っていきますが、女性ホルモンを活性化させることで、老化を遅らせ、美しい体を保つことができるといわれています

女性らしい体

エストロゲンを増やすツボ。効果があるといいですね。

ホルモンの分泌が活発になるのは夜なので、就寝前のリラックスした状態で行うのがもっとも効果的です。手が冷たい場合は、あらかじめ少し温めておくのがおすすめです。

壇中(だんちゅう)

両方の乳首を結んだ線のちょうど中心から指1本分ほど下に、押すと少しだけくぼむところが壇中というツボです。両方の人差し指~薬指を上下に重ね、少しずつ息を吐き出しながら3~5秒ほど軽く押します。これを4~5回ほど繰り返しましょう。デリケートな部位なのでワンセットあたり1分以内にとどめるよう気をつけてくださいね。

壇中

渕腋(えんえき)

両方の乳首を結んだ線を体の外側に伸ばし、わきの下と交差する点が渕腋というツボです。両方の親指で、左右同時にやや強めに押しましょう。1回の刺激は3秒ほど、これを4~5回繰り返します。押しているときは少し痛いかもしれませんが、離したときに心地よさを感じます。

渕腋

早速今日から試してみます。

 

意外なところで、エストロゲンが増える?ためそう。

よく「女性は恋をするとキレイになる」といわれますよね。発情期とそうでない時期の差がはっきりしている動物の場合、オス・メスとも発情期になると性ホルモンの分泌が活発になります。この作用によって、ある動物は体の色がキレイになったり、美しい声が出るようになったりして異性を惹きつけるのです。人間は恋をしたときが発情期にあたります。恋愛することによってエストロゲンの分泌が増えると、女性らしい体つき・きめ細やかな肌・男性に対する積極性など、男性から見て魅力的な特徴がより強調されます。

なんだか綺麗になれそうですね。

私も試してみましょうか。

その前に相手を探さないとですね。

ツボ押しから始めましょうか。

効果があるといいです。

頑張ってみます。

みなさんも試してみて下さい。

恋愛は、少し私の年代はきついです。

効果があったら、またお知らせします。ありがとうございました。