意外とたくさんある、エストロゲンの増やし方とは何か | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



意外とたくさんある、エストロゲンの増やし方とは何か


女性らしいからだをつくる

目次

1、意外と身近にある、エストロゲンを増やす食べ物とは

2、エストロゲンを増やすにはツボ押しがとても簡単で効果的

3、工夫次第で誰にでも出来る他のエストロゲンの増やし方

 

意外と身近にある、エストロゲンを増やす食べ物とは

エストロゲンとは、女性ホルモンの1つなので、女性らしさに大きく関わっています。女性らしい身体を作る大切なホルモンです。女性ホルモンに似た働きをする栄養素で大豆イソフラボンといのは有名で、大豆イソフラボンは植物性エストロゲンの一種で、現代女性にとって欠かせない栄養素です。これは納豆、豆腐、おから、味噌など大豆由来の食材に含まれています。また、ザクロや山芋にも含まれています。具体的に作りやすい料理は、納豆キムチ、豆腐ステーキ、揚げ出し豆腐、マーボー豆腐などが簡単で作りやすいいのでオススメです。豆腐ならどこにでも売っていますし、手に入りやすく安い食材なので、料理するにも困らないので、オススメです。
また、エストロゲンを増やす飲み物もあります。それはざくろ豆乳です。他にも、ざくろジュース、ソイッシュなどもオススメです。料理を作る時間がない人や苦手な人はジュースで摂る方が手軽で簡単ですので、飲み物というのも良いです。

大豆製品

 

 

意外と身近にある、エストロゲンを増やす食べ物とは

まず、マッサージをする前にホルモンの分泌が活発になるのは夜なので、就寝前のリラックスした状態で行う方が効果的ですのでオススメします。
そして、エストロゲンを増やすツボですが、壇中(だんちゅう)といって療法の乳首を結んだ線のちょうど中心にから指1本分ほど下に、押すと少しだけくぼむところが壇中というツボです。両方の人差し指と薬指を上下に重ねて少しずつ息を吐きながら3〜5秒ほど軽く押すのがポイントです。もう一つは渕腋(えんえき)というところで両方の乳首を結んだ線を身体の外側に伸ばし、ワキの下と交差する点が渕腋というツボになります。左右同時に強めに押すと良いです。
ツボを押すだけならちょっとした時間でも出来るので、忙しい人にはピッタリです。ちょっとした休憩中や寝る前などにツボを押すことをオススメします。ですが、やりすぎると痛くなるのでやり過ぎには注意します。

壇中

 

 

工夫次第で誰にでも出来る他のエストロゲンの増やし方

食事やツボだけでなく意外な方法でもエストロゲンを増やすことが出来ます。まずは、恋をすることです。意外かもしれませんが、恋愛のドキドキ感はドーパミンが分泌されたもので、満ち足りた気持ちはセロトニンが分泌されているからです。ですのでその影響で、エストロゲンも分泌が増えるのです。次に、十分な睡眠をとることです。エストロゲンは脳から出される性腺刺激ホルモンによって卵巣から作られるので睡眠不足になると脳が疲労して、正常なホルモンのコントロールが難しくなるので、睡眠をとることがエストロゲンの分泌につながるので大事です。次は、骨盤周りをストレッチをすることです。骨盤は卵巣の近くにあるので、ストレッチをすることで血流を良くして働きを助けます。そして、身体を冷やさないことも大事です。女性は男性よりも冷え性になりやすい傾向があり、冷えとホルモンは密接に関わっているのことがわかっているので、身体を冷やさないようにすることが大事です。
食事以外でもこれらのことでエストロゲンを増やすことが出来ます。ちょっと工夫で出来る事もあるので、試してみると良いです。