美しさを諦める前に、エストロゲンを増やす努力を! | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



美しさを諦める前に、エストロゲンを増やす努力を!


エストロゲンは周期と年齢で激変する

目次

1、年齢とともに減少するエストロゲン、でもまだ諦めないで!

2、エストロゲンに大切なのは胸のときめきと睡眠と食事

3、ツボを刺激して、エストロゲンの分泌を活性化することも

年齢とともに減少するエストロゲン、でもまだ諦めないで!

エストロゲンは、女性の美容と健康の源といわれる女性ホルモンのひとつで、卵巣から分泌されます。
月経の周期に合わせて分泌され、特に排卵日の直前に最も多くなります。
女性はエストロゲンが分泌されているときが最も美しいと考えられているため、エストロゲンは美人ホルモンとも呼ばれます。
ところが、このエストロゲンは20代をピークに、年齢とともに分泌されにくくなり、40代からは急激に減少します。
肌のハリがなくなったり、バストのボリュームがなくなってくるのは、加齢によってこのエストロゲンの分泌が減ってしまうためです。
いつまでも若々しく、美しくいたいという女性にとって、エストロゲンはとても大切なものです。年齢を重ねることを止めるわけにはいきませんが、生活習慣によってエストロゲンを増やすことはけして不可能なことではありません。

更年期

エストロゲンに大切なのは胸のときめきと睡眠と食事

身体の冷えと睡眠不足は、何事においても大敵です。それはエストロゲンの分泌に対しても例外ではありません。まずはしっかり身体を温め、質の良い睡眠をとるのが大切です。
また、恋をすると女性は美しくなるといいますが、それもエストロゲンの影響です。
胸のときめきは脳を刺激しドーパミンを活性化し、充実した恋愛をしているときにはセロトニンが活性化します。それらの影響を受けることで、エストロゲンも活性化し、その結果恋する女性は美しくなるのです。
年齢を重ねた今更恋愛なんて、と考える必要はありません。胸のときめきは、恋人を作ることだけでなく、憧れのタレントや素敵なラブロマンスに触れることでも感じるはずです。
毎日の食生活を意識することでも、エストロゲンを増やすことが出来ます。
特に大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンと同じ働きをすることで知られているので、意識して食べるのをお勧めします。
また、エストロゲンを分泌するのは卵巣ですが、この卵巣を健康に保つことも大切です。そのために効果的なのはビタミンEで、モロヘイヤやかぼちゃ、アーモンドなどに多く含まれています。

快眠

ツボを刺激して、エストロゲンの分泌を活性化することも

人の身体にはたくさんのツボがあり、それぞれいろいろな働きをします。
エストロゲンの分泌を活発にするツボもあるので、試してみることをお勧めします。
ホルモンは、特に夜に分泌が活発になるため、ツボを刺激するのもリラックスした睡眠前が効果的です。
エストロゲンの分泌に影響するツボの一つは、壇中(だんちゅう)と呼ばれるツボです。これは、両方の乳首を結んだ線のちょうど中心から指1本分ほど下にあります。押すと少しだけくぼむところがあるので、両手の人差し指から薬指までの3本の指を重ね、3~5秒ほど押します。
もう一つは渕腋(えんえき)と呼ばれるツボで、両方の乳首を結んだ線を体の外側に伸ばし、わきの下と交差する点にあります。左右のこの部分を親指で同時に強めに押します。
いずれも3秒程度、4~5回セットで行いましょう。
ツボを刺激する前には、手を温めておくことがポイントです。