エストロゲンが増える7つの方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



エストロゲンが増える7つの方法+3要素


『それだけで、人生が変わる』



年齢

「あなたはいくつに見られていますか?」そんなアンケートを取ったら、多くの人が”マイナス5歳”以上の年齢を書くでしょう。今、気持ち年齢は実年齢の”8がけ”とも”7がけ”とも言われています。つまり30歳は、24歳の気持ちを生きています。でも逆に、見た目が気持ちについていかないケースも出てきます。
今、信じられないほど若い50代は少なくありません。すでに多くの女性が女性ホルモンを意識した”エイジングケア”を実践して美しくなる女性が増えています。
つまり既成概念を超え、体質そのものを若返らせるような、もっと本格的な”エイジングケア”でないと、気分年齢を上まわるほどの見た目の若さは手に入りません。
いつまでも気持ちも見た目も若々しい人生を送るために、エストロゲンは人生の道しるべとなります。
「美人ホルモン」エストロゲンを増やして女性らしい身体をつくって積極的な人生を送りましょう。
エストロゲンが増大すれば見た目年齢は、若々しくキレイになります。実際に科学的に感動や恋愛にエストロゲンは大きな影響をうけ増大することが分かってきています。『エストロゲンが増える7つの方法+3要素』を実践すればエストロゲンを増やしてキレイで前向きな日常を過ごしてください。

 


私は大丈夫?エストロゲンってどれくらいあれば正常?

【エストロゲンは周期と年齢で激変する】

 

エストロゲンを理解する


エストロゲンを理解する

エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモン
女性らしい丸みのある身体や、つやのある肌、きれいな髪を作り女性らしい外見を作ります。
エストロゲンが正常に分泌されることは美と健康のポイントです。
エストロゲンは、『エストロン(E1)』、『エストラジオール(E2)』、『エストリオール(E3)』、『エステトロール(E4)』などのを総称してエストロゲンと呼ばれます。まずは、 エストロゲンのメカニズムを理解して美人の基礎知識を覚えましょう。

 


女性らしさの源、3つのエストロゲン

【3種類のエストロゲンの役割】

 

正しいエストロゲン分泌のメカニズム

エストロゲンメカニズム

女性の月経周期、排卵日直前にあわせて最も多く分泌されます。
20代がもっとも分泌量が多く、20代をピークに30代から分泌量が減り始めます。40代から50代で激減していきます。これにより女性の更年期障害などの原因になっています。30代からのエストロゲン分泌を正常に安定させるため食事、安定した睡眠を取り、血流をよくすることを考えストレスのない生活習慣を考えることが大切です。
具体的に『エストロゲンが増える7つの方法』を見ていきましょう。

 


女性ホルモンのバランスが生活を豊かにする

【正常なホルモンバランスを保つためにはまず知ることが大切】

 

エストロゲンが増える7つの方法+3要素

1、過度のダイエットは絶対にやってはいけない



間違ったダイエット

ダイエットと言えば『食べない』『過剰な運動』『我慢』など無理をしてする場合が多いのではないでしょうか、基本的にエストロゲンを増加させるような食事は穀物などに多く含まれており、このようなダイエットを行うと肌がかさつき、髪が潤いをなくし痩せることが出来ても、女性らしさとはほど遠い少年のような姿になってしまいます。エストロゲンの分泌に必要な栄養成分が不足し魅力的な女性とはほど遠くなってしまいます。将来的には、骨粗しょう症の心配も出てきます。
時間をかけて計画的な食事制限を行いましょう。

 

 

2、恋をしてエストロゲンを増やそう。



恋

エストロゲンを増やすなら、恋愛が一番、美しい女性は常に恋をしているものです。恋愛のどきどき感は、ド-パミンの分泌を促進し、満ち足りた高揚感は、セロトニンの分泌を促します。その影響を受けてエストロゲンの分泌が増加します。これは擬似恋愛やアイドルまたは映画やスポーツでも感じることが出来ます。感動や高揚感を感じる娯楽を行うことで、エストロゲンは増大します。

 


恋多き女ほど美人になれる!?恋をしてエストロゲンを増やそう!

【なぜ恋をすると女性はキレイになるのか】

 

3、愛のあるセックスには美容効果がある



640_sex_herbs

幸せな気持ちを感じるセックスはエストロゲンを増大させる。
セックス行為自体でエストロゲンが増大するわけではなく高揚感を感じるようなセックスは、セロトニンの分泌を促しエストロゲンを大量に分泌します。
行為を行えばいいと言うものではなく、睡眠時間を削ったりストレスを感じた状態で行うセックスは、逆にホルモンバランスを乱し、エストロゲンを減少させる恐れもあります。

 


「愛のあるセックス」でエストロゲンは増やす方法とは?

【すぐに始められる、いい女づくり】

 

4、良質な睡眠がエストロゲンを増やす



快眠

睡眠不足が続くとエストロゲンは減少します。
エストロゲンは脳から分泌される性腺刺激ホルモンによって女性の卵巣で再生されています。睡眠不足が続くと正常な性腺刺激ホルモンの分泌が出来なくなり、エストロゲンが減少します。エストロゲン分泌には、良質な睡眠が欠かせません。
逆に、睡眠不足とは違い「月経前過眠症」と言われる症状があります。「月経前過眠症」は、月経前になるとプロゲステロン分泌が増え、体温が上がって眠くなってしまう症状です。

 

 

5、スローストレッチでエストロゲンを増やす



ヨガ

骨盤周りの凝りは内蔵機能を低下させます。骨盤周りをストレッチをすることで血の流れを改善し、エストロゲンの分泌を助けます。
骨盤周りをほぐし暖める事で、「腎経」と呼ばれる太ももの内側あたりにある経絡を改善し冷え性解消にも効果があります。

 


ヨガやスロートレーニングで安定した生活

【ヨガなどのエクササイズ】

 

6、冷え性でエストロゲンは減る



冷え性

女性特有の冷え性、エストロゲン分泌とも深くかかわっています。
女性は男性よりも体温が0.3~0.5℃ほど体温が低く冷え性になりやすいのです。身体が冷えると血の流が悪くなり、当然エストロゲンの分泌は悪くなります。
特に冬場の寝るときなど衣類の重ね着、毛糸のパンツ、靴下などで熱を逃がさない工夫が重要です。

 


「冷え性」を克服して、カラダの内側からホルモン美人に

【意外と知られていない、「冷え性」と「エストロゲン」の関係】

 

7、女性のタバコは閉経を2年以上早くします。



女性のタバコ

タバコを吸わない人よりタバコを吸う人のほうが閉経が2年ほど早まることが分かっています。
喫煙により卵巣でのエストロゲン発生が低下してエストロゲンの分解が早まりエストロゲンの減少につながります。
タバコをすぐにやめることをおすすめします。

 

 

【+3要素】サプリメントで簡単サポート

1、イソフラボンを効率的に取る



大豆

数多くのエストロゲンを増やす食事の中で一番日々の食事で摂取しやすいのが大豆イソフラボンではないでしょうか。
大豆イソフラボンはエストロゲンに似た作用と構造を持っており『植物性エストロゲン』と呼ばれています。
サプリメントなどで摂取する場合、大豆イソフラボンはグリコシド型とアグリコン型とがあります。摂取量は1日に30mgまでと厚生労働省の推奨しています。 通常日本食では普段から大豆食品からアグリコン型イソフラボンを16~22mg/日に摂取しています。納豆や豆腐、きなこなどから摂取する大豆イソフラボンを積極的にとっていきましょう。

 

 

2、妊活中の方にはプラセンタがおすすめ



プラセンタ

プラセンタは豚、馬の胎盤をから出来ています。 プラセンタには、ホルモンの産生や分泌に大切なバランス調整能力があります。更年期におけるエストロゲンの減少に プラセンタはサプリメントや注射で取り入れることができますが、まずはサプリメントをオススメします。注射の場合はヒト胎盤を原料としており、献血することができなくなります。

 


プラセンタとエストロゲンの魅惑の関係

【プラセンタで妊娠するって本当?】

 

3、「クラッシックハーブ」田七人参の効果



田七人参

更年期の年代になると身体が重く感じられるようになるものですが、こういった病気といえない症状にこそ、高麗人参・田七人参は効果的です。血液の循環を高め、神経症状を和らげます。
女性特有の憂鬱な症状が気になり始めたら、毎日の習慣の中に高麗人参・田七人参のサプリメントを加えてみてはいかがでしょうか。

 


長い歴史に培われた確かな効果!エストロゲン様作用を持つ田七人参

【「クラッシックハーブ」薬用人参のスゴイ効果】

 

気になる薬による治エストロゲン治療の副作用



薬

近年、更年期以外でも、女性ホルモンの治療を求めて病院を訪れる女性が増えているようです。
不規則な生活習慣が各年代で一般化し、また過重なストレスによって生理サイクルが乱れ、月経困難や、重症の月経前症候群PMSが引き起こされているのです。
ホルモン剤を投与することにより、発疹、 むくみ、吐き気、食欲不振、頭痛、めまい、肩こり、倦怠感、発汗、発熱、のぼせなどといった症状が表れる場合が多いようです。
また、必ず言われるのは、太りやすいということです。
穏やかな効き目がある、漢方薬の利用や、サプリメント、食生活の見直しなどを上手に活用し、より危険性の少ない方法にシフトすることをお勧めします。

 


気になる薬による治療の副作用

【女性ホルモンを補う薬の需要が増えている】

 

まとめ

『エストロゲンが増える7つの方法+3要素』を生活に取り入れる事でエストロゲンをバランスよく分泌させて、女性らしさを引き出すことができます。ホルモンを活性化させ老化を予防し幸せな生活を送りましょう。