乳がんとエストロゲン | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



乳がんとエストロゲン


乳がん

どんな人が乳がんにかかりやすい?

一般的に
①所長が早い
②月経周期が規則正しい
③月経周期が短い
④閉経が遅い
⑤出産未経験
⑥高齢出産経験がある
⑦社会的な階層が高い(高学歴)
⑧太っている⑨家族に乳がんの人がいる
⑩良性に乳腺疾患の既往
⑪子宮体がん、卵巣がんの既往
⑫長期間ホルモン補充治療を受けている
⑬片側が乳がんになった
⑭多量の飲酒など、いずれか、もしくは複数に当てはまる人は乳がんにかかりやすい可能性があると考えられています。


更年期

乳がんの危険因子にはおおよそ以下の8つの危険因子に分類されます。

エストロゲン

前項で列記したほとんどの項目にエストロゲンが関係しています。乳がんの多くはエストロゲンがないと成長できません。

月経とエストロゲン

前項の中の、初潮が早い、月経周期が規則正しい、月経周期が短い、月経が遅い、の以上4項目は月経に関係しています。
統計的に白人はアジア人よりも乳がんにかかりやすいといわれています。白人は初潮が早く、閉経が遅いためエストロゲンが活発に分泌される期間がより長く、体内のエストロゲン濃度が高くなり、乳腺がそれだけエストロゲンにさらされているということに起因すると考えられています。

出産経験との因果関係

出産経験があるということは、妊娠中は月経がないわけですからその分エストロゲンにさらされる期間が短いことになり、乳がんにかかるリスクも低下するわけです。
非婚や少子化などのライフスタイルの変化によって、女性がエストロゲンにさらされる期間が長くなりました。さらに、単に月経回数の問題だけではなく授乳経験の無い乳腺は乳がんになりやすいことが知られています。出産したとしても、乳腺炎や早期の職場復帰などで赤ちゃんに母乳を与えなかった場合も乳がんの可能性が高いと考えられています。

高齢出産のリスク

妊娠することによって乳腺組織が急激に発達しますが、時期が遅いと乳がんになりやすいと考えられています。

脂肪と乳がんの関係

乳がんは都市部に多く、脂肪の摂取量が、田舎よりも都会、社会的階層(学歴等)が低いよりも高い、やせている人よりも太っている人のほうが、多い傾向にあります。脂肪摂取量は乳がんとの関係の有無については議論の途中ですが、閉経して卵巣機能が衰えた後、エストロゲンは脂肪細胞内の男性ホルモンが女性ホルモンに変換されて供給されるので、閉経全においても危険因子であると考えるべきだと思われます。

既往症

良性の乳腺疾患、子宮がん・卵巣がんの既往症、片側が乳がんになった、乳腺症の一部には乳がんとの関連があると考えられているものもあり、 乳腺症の経験者は注意が必要です。また乳がんのみならずエストロゲンに起因する子宮体がんなどの経験者も乳がんにかかる確立が高くなります。

ホルモン補充療法

エストロゲン(またはプロゲステロンとの併用)を補充しているため、危険度は高くなります。

飲酒と喫煙

飲酒に関しては時々飲むとか、日本酒1合程度、グラスに1杯程度くらいでは関係がないようですが、毎日2杯以上となると乳がん予防、健康管理の問題からも避けたほうがよいでしょう。喫煙についてはアメリカの調査で無関係という結果が出ていますが、日本の厚生労働省は閉経前の女性は喫煙によって乳がんになるリスクは、吸わない人の約4倍に、受動喫煙でも焼く2.6倍になると発表しました。