冷え性でエストロゲンは減る | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



冷え性でエストロゲンは減る


女性の悩み

冷え症(冷え)とエストロゲンの分泌の関連性
自律神経の中枢も視床下部にあり、自律神経の乱れによってエストロゲンの分泌も減少します。
つまり、日常生活の中の過度のストレス(体の冷えもその一因です)が自律神経のバランスを崩し、それによってエストロゲンの適度な分泌が妨げられてしまいます。

冷え性は万病の素。
冷え性は、自律神経の乱れ(交感神経-働く神経-と、副交感神経-休む神経-の不調和)によって引き起こされます。こんな体の不調を感じたら疑ってみて下さい。

エストロゲンは周期と年齢で激変する

代表的な症状

  • 手足の冷えだけでなく、耳、腰、太ももなども冷たくなります。
  • 顔色が悪い
  • 偏頭痛がする
  • 肩こりがひどい
  • 体を動かすと倒れそうになる
  • 熟睡できない
  • 疲れやすい
  • など様々な症状が現れます。

 

簡単なチェック法

  • 瞳の瞳孔を誰かに手伝ってみてもらうというのがあります
  • 交感神経が過剰な場合、正常な人と比べて瞳孔が大きい
  • 副交感神経が過剰な場合、正常な人と比べて瞳孔が小さい
  • 自律神経の乱れが重くなると
  • 瞳孔が大きくなったり、小さくなったりを繰り返します。

冷え性

 

原因

自律神経の乱れは肉体的・精神的なストレス(交感神経が優位な状態)と休息・回復・リラックス(副交感神経が優位な状態)とのバランスが適度に取れた状態から、日常生活の何らかの要因から適度なストレスが過度なストレスになり、交感神経ばかりが働いてしまい、副交感神経が十分に働けなくなって回復が追いつけなくなることが原因です。
精神的プレッシャー、悩み事、長時間の緊張、騒音、環境(騒音、暑さ、寒さ)、食事(不規則、偏食)、不自然な照明(暗すぎたり、明るすぎたり)などなど皆さんを取り巻く環境が引き金になります。これらの要因に対して、我慢することが全てストレスというわけです。つまり、過度の我慢が自律神経のバランスを崩し、様々な症状を引き起こすのです。また、冷えという観点に絞ると、体の冷え、例えば冬の寒い時期や、冷房が効いた夏季はもちろん、案外気付かないのは初夏から秋口にかけて知らず知らずのうちに足元が冷えている場合があります。足元の冷えは、血液の循環により全身にめぐりやがて全身を冷やしてしまいます。
気付かぬうちに自律神経のバランスが崩れてしまうのがこのケースです。

 

美容

 

特に注意が必要なこと

以上のようなメカニズムを理解していただけたなら、ご自分の日常生活の中でエストロゲンの分泌を妨げていると思われることに気付くことができると思います。

現代社会において、ストレスフリーな生活なんてまずありえませんよね。では少なくともやってはいけないことをやらない、ストレスを感じたら、適度にリラックスする手段を講じて実践してください。

いくつかのポイントをあげると

  • 回避できるストレスは回避する
  • 偏食、不規則な食事(無理なダイエットは絶対に有害です)
  • 暴飲暴食(お酒も含みますよ)
  • 運動不足もしくは過度な運動
  • 暗すぎたり明る過ぎたりする照明
  • 冷暖房の適温の管理、(体を冷やさない特に足元の気付かぬうちの冷えには十分注意してください)
上手な気分転換の方法を見つける。