更年期障害とエストロゲン | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



更年期障害とエストロゲン


更年期

更年期とは

閉経をはさんだ前後約10年間のことを意味します。 一般的に、日本人の女性の場合、40代に入って約5%に生理不順が見られるようになり、45歳くらいから閉経するケースが見られ始まります。平均閉経年齢が50歳前後なのでおおよそ45~55歳が更年期と考えてよいと思います。



更年期障害とは何?その原因は?

更年期になると卵巣の働きが低下して、卵巣から分泌される女性ホルモンのうちエストロゲンの分泌量が急激に減少します。それが脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。 また、家庭環境や社会環境の変化から、心理的ストレスが大脳皮質-大脳辺縁系に影響を与え憂鬱や情緒不安手などの精神症状を引き起こします。 この自律神経失調症状と精神症状が影響しあうことによって、更年期障害の症状は複雑なものになるのです。

エストロゲンの分泌

どんな症状が現れるのでしょう

自律神経失調症状、精神症状、その他症状にわけらます。自律神経失調症状と精神症状は管財して現れるケースが多く見られます。 自律神経性更年期障害の代表的なものは顔ののぼせやほてり(ホットフラッシュ)、発汗などです。ホットフラッシュは40~80%に見られ、1年~数年、長期にわたる場合も見られます。そのうち25%が治療を要するものと見られています。 精神症状としての憂鬱は40%に見られ、最近の調査ではホットフラッシュよりも肩こりや憂鬱を訴えるケースが多く見られるようです。 更年期障害は卵巣機能が変動している時期に見られるもので、一定の時期が過ぎて卵巣機能が完全に低下して全身の状態がホルモンの変化に慣れると自然に良くなるものと考えられています。 更年期障害の症状は、甲状腺や循環器などの内科疾患、整形外科疾患、脳神経外科疾患、耳鼻科疾患、あるいはうつ病などの精神科疾患と似ている症状を示すことが多くあります。症状が起こったら自分で勝手に判断したり、市販薬や民間療法に頼るのは危険な場合があります。気付いたらば正しい診断を受けるようにしましょう。 注意したいのは、一度の血液ホルモン検査だけではエストロゲンが正常な数値を示す場合がありますので、(老化した卵巣を活発にしようとして)脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンが高い値を示していることを確認する必要があります。

更年期

どんな治療方法があるのでしょう

更年期障害の程度は本人の性格、精神状態、周囲の環境の影響を強く受けるものです。まず生活習慣や生活環境の改善を図りましょう。 自律神経失調症状にはエストロゲンによるホルモン補充療法(HRT)や自律神経調整薬などによる薬物療法が一般的です。 社会心理的要因によって誘発されると考えられている清祥情勢更年期障害は、向精神薬を主体とした薬物療法と精神療法が有効です。精神症状の中にはエストロゲンの欠乏によって発生している場合もあるので、その場合ホルモン補充療法が効果的なこともあります。 現在、広まりつつある低用量のホルモン補充療法では、同等の効果をあげながら、不正出血の頻度が抑えられています。更年期障害に対するホルモン補充療法は、定期的な子宮がん・乳がん検診のもとに数年間をめどに行われるので問題はないものと考えられています。