良質な睡眠がエストロゲンを増やす



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



エストロゲンを増やすポイントは良質な睡眠


夜更かしなどの睡眠不足

睡眠
夜更かしや不規則な生活により、脳の機能が低下しているとホルモンの分泌が乱れ、さらにホルモンの分泌が乱れる事で脳や身体の機能も低下します。中々、眠れなかったり夜中に目が覚めてしまうなどもホルモンの分泌が乱れている可能性があります。このように、睡眠不足が続くと、エストロゲンの分泌量が低下します。
睡眠の中にはレム睡眠とノンレム睡眠という2つのサイクルがあります。簡単に言うとレム睡眠は浅い眠りです。レム睡眠の時間は10分~20分程度。ノンレム睡眠は、深い眠りで脳も身体も休んでいる状態であり、ストレスを消去し、ホルモンの分泌を高めます。何度も目覚めるという事はレム睡眠―ノンレム睡眠が交互に繰り返される中で、眠りが浅い状態の時に起こります。
レム睡眠―ノンレム睡眠は1セットとなって、一晩の睡眠の中で交互に繰り返して朝目覚めるまでに5~6回現れます。通常、成人ではレム睡眠―ノンレム睡眠の1セットの長さは90分位です。そのため、6時間~7時間半ぐらいの睡眠が目覚めも良い睡眠と言えます。質の良い睡眠をとると、筋肉の合成を助ける成長ホルモンといった“痩せるために効果の期待できるホルモン”が分泌されます。このような事を考慮した上で、十分な睡眠をとることは大切なのです。

良質の睡眠をとるために

快眠
良質の睡眠をとるために寝る前に身体をリラックスさせることは重要です。 まず1つ目として、睡眠前にホットミルクを飲むことで良質の睡眠がとれます。特に下記の3つの成 分に効果が期待できます。

  • カルシウム=ストレスを鎮めリラックス効果を与えます。
  • ビタミンB12=自律神経のバランスを整える働きがあります。
  • トリプトファン 人間の体内では合成することのできない必須アミノ酸の1種トリプトファンにより鎮静効果のあるホルモンや眠気を促すホルモンが自然な眠気をそそります。

これにより、身体をストレス状態から解放させリラックス効果があり、良質な睡眠をとることが出来ます。また、適度な運動やストレッチなども効果的です。血液の循環をよくすすることで、身体の体温が暖まり睡眠に入りやすい状態を作ります。また、入浴の時間には気を付けてください。入浴は修身の3時間前に行うようにします。入浴で役1℃頭の温度が上がってしまいます。そのまま就寝すると眠りが浅くなってしまうのです。人は頭からの熱が身体全体の5割から7割と言われています。頭をひやすことによりメラトニンの分泌が促進されて熟睡しやすくなります。
その他にもアロマを利用したり、寝具を変えたりすることでぐっすりと寝られる環境を作ることも重要です。何よりも、不規則な生活や夜更かしにより睡眠時間が確保ができなかったり、良質の睡眠が確保できなければ、ホルモン分泌の低下によりお肌のトラブルなどの原因になりかねません。規則正しい生活を心がけるとともに、身体をリラックスさせた状態をつくり睡眠をとることでエストロゲンの分泌の防止低下をすることができます。