冷えはエストロゲンの減少の原因



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



「冷え性」を克服して、カラダの内側からホルモン美人に


意外と知られていない、「冷え性」と「エストロゲン」の関係

女性の悩み

女性の冷え性はなぜおこるか?冷えはエストロゲンの減少の原因にも・・・。

 女性に多い冷え性。そもそもなぜ女性の方に冷え性が多いのでしょうか?女性は男性に比べる筋肉が少ないですよね。筋肉は熱をつくりだすのでその筋肉が少ない女性は男性に比べて体が冷えやすいのが特徴です。また月経の影響などで腹部の血流が鈍くなってしまう、といった理由から女性に冷え性の方が多いのですね。

そして「冷え」は女性ホルモンにとっても大的。冷えによって女性ホルモンに乱れが生じ、様々な体調不良を引き起こしてしまいます。さらに女性らしい美しさを作るうえで最も重要な役割を担う「エストロゲン」も冷えによって減少してしまうのです。もしかして冷え性?と思ったアナタ。今日から冷え性を克服して「エストロゲン」の減少を食い止め、今までよりももっと女性らしい美しさを手に入れましょう。


今日から始める冷え性対策

お風呂

減らしたくないエストロゲン。今日から始める冷え性克服  では、どうやったら冷え性を克服できるでしょう。

今日から始める冷え性対策

    • ぬるめのお湯にじっくりとつかる。身体の緊張をとり、リラックスしましょう。お湯の温度は38~40℃がベスト。少なくても10分、出来れば30分ほどつかってみましょう。もし暑くなってきてしまったら半身浴にしたり、冷たいタオルを首筋などにあてましょう。

    • 身体をあたためる食材をつかう。お茶や紅茶にショウガをはじめとしたあたため食材を組み合わせるだけで、冷え克服簡単ドリンクを作る事が出来ます。まず身体を温めるお茶の基本は「発酵茶」です。紅茶やウーロン茶、プーアール茶がその代表と言えます。この場合、緑茶は控えましょう。組み合わせるあたため食材は「ショウガ」「梅干し」「唐辛子」「ココア」「黒砂糖」などがあります。

    • 運動する。運動はウォーキング、ストレッチ、かかと上げ下げ運動が効果的です。第二の心臓と言われる足の筋肉を鍛えましょう。特別にジムなどに通わなくても気軽にできるものばかりです。ぜひ生活の一部にできる取り入れ方を。

    • 身体を冷やす食材、生活をやめる。甘いもの・ジャンクフード・牛乳やコーヒー・緑茶の摂り過ぎは身体を冷やすので量を調節しましょう。服装も窮屈な下着・靴を避けゆったりとした服装を選ぶようにしましょう。冷暖房の完備された環境に長く居すぎないようにしましょう。体温調節機能が悪くなってしまいます。

  • 「頭寒足熱」。読んで字のごとく「頭寒足熱」とは足を温め、頭を冷やすという意味です。身体を温めるには下半身を温めるのが効果的です。下半身を温めると上半身も温まります。逆に上半身だけを温めても下半身は温まりません。上半身に着込んで温かくしても下半身は冷えたままの状態。それを続けていくとやがて下半身の冷えが慢性化し、冷えているということにすら気づかない減少に陥ります。また「ほてり」も冷え性の症状の一つ。暑いと思って薄着をし、それが冷え性の悪化を招いてしまいますので、注意が必要です。


 

つらい生理痛・不妊、さまざまな体調不良の原因になります

冷え性

いかがでしたか?私たちが普段何気なくやってしまいがちな習慣が実は冷え性につながってしまうかもしれませんね。また冷えをほうっておくとエストロゲンの減少につながり、女性らしい美しさを保てなくなるばかりでなく、つらい生理痛・不妊、さまざまな体調不良の原因になります。エストロゲンの大敵と言われる「冷え」を克服して、身体の中から健康に真の女性らしさを手に入れましょう。