エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



エストロゲンUPに効果的な食べ方のポイント


生理痛にいい食べ物

妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、女性らしい体をつくったりする大切なホルモンであり、女性の健康と美容に欠かせません。では、エストロゲンの分泌の助けとなる食べ物とはどのようなものがあるでしょう。


美容

1、エストロゲンの不足を補うイソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする栄養素です。

イソフラボンが含まれる食べ物ってどんなもの?

納豆・豆腐、味噌、おから、厚揚げなどの大豆製品以外にも、ザクロや山芋にも植物性エストロゲンが含まれています。

イソフラボンの効果が得られる人って?最近発見されたエクオールという成分がカギ。

イソフラボンとは植物性エストロゲンの一種で、エストロゲンが不足しがちな現代女性の嬉しい味方なのですが最近の研究で、イソフラボンを摂っても十分な効果を得られる人は一部だけであるという事実が明らかになりました・ イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするためには、エクオールという物質が必要です。エクオオールとは、体内に入ったイソフラボンが腸内細菌によって代謝されることで作られます。このエクオールを作る腸内細菌が体内にいない人が日本人の50%に及んでいます。また年代によっても差があります。その確かな答えはまだ得られていませんが、食生活との関連性がその原因の一つとして考えられています。
大豆を食べる頻度とエクオールを作ることのできる人の割合の調査によると、大豆を良く食べる人ほどエクオールを作ることのできる人の割合が高くなる傾向を示すことから、腸内細菌は幼少期から形成されるので、幼少期から大豆をたべることが効果があるのかもしれないと言えます。

エクオールを作ることができるかどうかをヘルスケアシステムズの『ソイチェック』で簡易判定する方法があります。夜に豆腐などの大豆製品を食べて、翌朝の尿を採取して郵送します。
エクオールが作ることのできないことが判明した場合、エクオール自体をサプリメントで補うことができます。
一般的にイソフラボンを摂取するのに有効とされてきた大豆製品ですが、まず自分の体質をチェックする必要があるとは驚きです。
イソフラボンは女性にとって大切な成分であることに変わりはないので、エクオールの有無のチェックや、エクオールをサプリメントで摂取することを検討したり、食生活を見直したり、腸内環境を整えることを考えてみる必要がありそうです。

2、エストロゲンの分泌を助ける食べ物

卵巣機能の健康を保つビタミンE

エストロゲンは卵巣で作られますが、その卵巣の老化を防いで健康に保っている栄養素がビタミンEです。ビタミンEはモロヘイヤ、大根の葉、かぼちゃ、アボカド、アーモンドなどに多く含まれています

エストロゲンの代謝に必要なビタミンB6

卵巣で作られた代謝に良い栄養素がビタミンB6です。
魚(特にマグロの赤身に多い)・バナナ・にんにくなどに含まれています。PMS(月経前症候群)の軽減や、つわりにも役立ちます。

コレステロール、女性ホルモンの大切な材料です。

コレステロールは一般的に悪いイメージをもたれがちですが、女性ホルモンの材料になります。特に卵には良質なタンパク質とコレステロールが含まれるので一日に一つ食べると効果的です。

エストロゲンの分泌を助ける食べ物

意外と身近な食べ物が多いので、日ごろから規則正しい生活習慣を心がけて、少しだけ食べ物に気をつけるだけで意外な効果がありそうです。