優しく一途な性格を作る『エストロゲン』 | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



優しく一途な性格を作る『エストロゲン』


女性の性格

エストロゲンの性格に与える影響

よく、エストロゲンによって性格が変わるという話を耳にします。
でも、性格には女性の体の機能を司り、気分や行動に影響を与えるのはエストロゲンだけではありません。
ですから、いくつかのホルモンの中のひとつであるエストロゲンが影響するのはあくまでも、気分であり性格が変わるとはいえません。もちろん苦労の末に安定的によりエストロゲンを多く分泌する状態を保つことが、ありえないわけではありません。しかし、エストロゲンの分泌にばかり偏ってしまうとその弊害があるのも事実です。乳がんや、その他の危険因子となる可能性を秘めているからです。


年齢

女性の気分に影響を与えるホルモンのバランス

女性の精神状態に影響を及ぼすホルモンはおおよそ4種類あります。

エストロゲン

いわずと知れた

プロゲステロン

エストロゲンと並ぶもう一種類の女性ホルモン

オキシトシン

別名愛と信頼のホルモン。大好きな人とSEXした時や出産時に大量に分泌されます。このホルモンを分泌させてくれた人を信じやすくなります。子供を溺愛したり、恋人を盲目的に信用してしまうのはこのホルモンの影響です

テストステロン

男性ホルモンの代表格ですが、女性の中でも微量に分泌されています

女性らしい体

4つ巴のホルモンが織り成す女性の神秘性

例えば『女性犯罪の80%は生理前に起きている』という統計があります。これは、その時期テストステロンが多く分泌されているためと考えられます。
排卵期に性欲が強くなるのはエストロゲンが多く分泌されているためです。
同じ女性ホルモンのプロゲステロンが多く分泌されている時期はまったく逆で『今日はその気になれない』となるわけです。実際プロゲステロンは性欲を抑えるホルモンで、アメリカなどでは姓犯罪者にこれを注射するという処置を取っています。

プロゲステロンとエストロゲン

女性は1ヵ月間に4回性格が変わる?

冒頭で述べたとおり、性格というよりは、気分が変わるといったほうが良いでしょう。
そうでなければ、まるで女性をホルモンに操られて、知性を欠いた動物扱いをすることになってしますからです。
ここでは生理が始まる日を第0日と仮定して1ヶ月を4つの期間に分けます。

1期(0-6日、不快な1週間)

この1期は丸々生理ということになります
ご存知の通り、途方もない快感に悩まされ続けます。
これを心得た男は、口説くのに一度失敗したら2週間置いて再挑戦を鉄則としています。

2期(7‐13日、快調な1週間)

女性が、最も女性らしさを発揮できる時期です。
14日目の排卵日に向けて、エストロゲンの分泌量が増えます。
この時期、性欲も高まります。女性の魅力が最大になり、口説かれやすい時期といえます。
傾向として、露出度の高い服を着たり、笑顔が多くなり、言葉数も増え、口調も滑らかになります。
女性をよく分かっている男は、この時期警戒して接する必要があることを知っています。
妊娠しやすい時期だけに、女性の男を見極める目も、記憶力、洞察力も最大値に至ります。
嗅覚さえも鋭くなり、嘘を見破り、ミスは見逃さずずっと記憶されるからです。
この時期は体格の良い、ワイルドなイメージの男性に魅かれる傾向にあります。