女性の妊娠しやすい身体とココロに整える。 | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



女性の妊娠しやすい身体とココロに整える。


美容

女性が、最も女性らしくあるためのホルモンがエストロゲン(卵胞ホルモン)です。思春期ごろから分泌が始まり、肌がすべすべになり、ボディラインに丸みが帯びてきて乳腺が発達して胸が大きくなります。 生殖機能の成長も著しく、卵巣機能の発育や子宮内膜を増殖させて、「妊娠するため」の準備が整うわけです。(更年期に入り月経が止まると、エストロゲンの分泌もなくなります) 月経周期でいうと、エストロゲンは生理が終わるころから排卵日の直前に、多く分泌されます。エストロゲンは美人ホルモンとも言われ、肌をすべすべにして髪に張りを与え、気力を充実させてくれるホルモンなのです。 排卵前のこの時期に、エストロゲンの作用により女性が綺麗になるのには理由があります。動物のメスが交尾の時期になるとフェロモンを撒き散らすのと似ていて、人間の女性も自分を綺麗に見せることで男性を受け入れようとしているのです。

しかし何といっても、エストロゲンの最も大きな役割は「妊娠しやすい状態」に体を整えることです。卵巣内で大きくなった卵の排卵を促して、子宮内膜をフカフカにして受精卵が着床するのを待ちます。 またエストロゲンの作用により、排卵時期には「おりもの」の分泌量が多くなります。この排卵期に分泌される「おりもの」は、もっとも行動しやすいように「アルカリ性」に変化しているのです。 体内のエストロゲンの分泌をコントロールしているのは、大脳視床下部と下垂体です。 下垂体は体内のホルモンの量を察知し、卵巣から分泌するホルモンの量を調節する命令を出しています。この下垂体を支配しているのが床下部で、自律神経をコントロールする機能も持っています。 女性ホルモンを分泌するリズムが大きく変動すると、近 くにある自律神経の調節も影響を受けてバランスを崩しやすくなってしまいます。倦怠感・めまい・のぼせ・吐き気・肩こり・動悸など自律神経失調症の症状が出やすくなります。

反対に自律神経失調症が起こると、女性ホルモンの分泌が乱れやすくなってしまいます。


女性らしいからだをつくる

エストロゲンは、女性らしいからだをつくる働きの他に、さまざまな働きをしています。

骨からカルシウムが減らないようにする機能もありま す。そのために更年期に入って、エストロゲンの分泌が少なくなってしまうと、骨粗しょう症になりやすくなります。その他にもコレステロールの増加を抑え る、動脈硬化を防ぐ働きもあります。更年期に入っていない女性が、男性と比較して生活習慣病にかかりにくいのも、実は女性ホルモンである、エストロゲンの おかげなのです。

しかし更年期に入ってエストロゲンの分泌が減少してしまうと、これまでのエストロゲンの恩恵を受けられなくなってしまします。そのためさまざまな不 調や病気になりやすくなってしまいます。代表的なのは更年期障害です。その他にも、泌尿器、子宮体がん、生殖器の委縮症状、乳がんなど、さらには心臓系、 血管系などの生活習慣病にもかかりやすくなってしまいます。先にも記述したとおり、エストロゲンにはコレステロールを下げる働きがあります。更年期に入り 閉経すると、エストロゲンの分泌が低下し、太りやすくやせにくい状態になります。また血圧が上昇しますので、高脂血症になりやすくなります。そのため心筋 梗塞や狭心症などの心疾患や、脳こうそく脳出血などの脳血管障害を起こしやすくなってしまいます。

女性ホルモン、特にエストロゲンは女性にとって、美容だけではなく健康においても重要な役割を果たしているのです。