エストロゲンの働きに似た大豆、イソフラボン



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



食生活を見直して意識して大豆イソフラボン摂取しよう。


エストロゲンの働きに似た大豆、イソフラボン

img_isofla01
前述した通り
【女性の見た目年齢の違いは、エストロゲンのせい。】
エストロゲンとは女性ホルモンのひとつです。エストロゲンが増えることにより、「肌がつややかになる」「肌の水分量の調節をする」「髪の毛に潤いを与える」「張りのある乳房になる」などと別名「美肌ホルモン」と呼ばれるほど美肌作りには欠かせない女性ホルモンなのです。そこで注目したいのが、エストロゲンを増やす食べ物です。まず、1つ目が大豆などに多く含まれる事で有名なイソフラボンについてです。

髪の毛に潤い大豆イソフラボンの科学方式はエストロゲンに似ていて、美肌に導いてくれたり身体の調子を整えてくれたりします。大豆イソフラボンは自然食品の中でも注目されている商品です。
大豆イソフラボンはエストロゲンが足りなければ補い、エストロゲンが多すぎるときは減少してくれるという優れものです。そのため、摂りすぎてしまったという事を気にせずに食べることができる食品の1つです。特にエストロゲンの分泌が減ってしまう、閉経後に関しては積極的に外部から摂取をしなければいけません。エストロゲンを増やす方法としてはイソフラボンを多く含む食品やイソフラボンを多く含むサプリメントなどを摂取するという事になります。

大豆を多く含む食食品について

大豆
エストロゲンを増やす働きのある食品にはイソフラボンが多く含まれています。代表的な食品としては大豆があります。豆腐のように固まっているものよりも豆乳の方が大豆イソフラボンが多く、液体なので効率よく栄養摂取をすることが可能です。そのまま、飲んでいただいても構いませんし、調理に使う事も出来るのでとても便利です。冬場などは豆乳鍋にすることで、多くの野菜とともに大豆イソフラボンを摂取することで、エストロゲンを増やすことが出来ます。
 また、大豆から作られているプロテインの摂取なども効果的です。プロテインの中には牛乳から作られるホエイプロテイン、カゼインプロテインや大豆から作られるソイプロテイン、タマゴから作られるエッグプロテインの大きく分けて3種類があります。その中の、ソイプロテインを摂取することで 女性ホルモンのエストロゲンに作用をします。プロテインも今は味も増え、非常に飲みやすくなっていますし、満腹中枢を刺激してくれるのでダイエットにもお勧めです。美肌効果+ダイエット効果を考えソイプロテインを摂取するのもエストロゲンを増やすことに効果があります。

大豆製品その他に、イソフラボンを多く含む食品としては大豆、納豆、豆腐、油揚げ、キナコ、味噌などにも多く含まれています。豆乳やプロテインは手軽に摂取できる優れものですが、調理方法によって色々な工夫ができ、意識をすれば毎日摂取をすることが可能です。閉経後にエストロゲンが減るからと言 って、歳をとってからイソフラボンの摂取を心がけるのではなく、若いうちから摂取をすることを子頃がけ日々の生活習慣に取り入れるようにして、エストロゲンを増やしていくように心がけましょう。

毎日の食生活でエストロゲンを増やそう