身体にいいゴマの栄養を知って、エストロゲンを増やそう | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



身体にいいゴマの栄養を知って、エストロゲンを増やそう


エストロゲンとゴマ

ごま

女性の美と健康に重要な役目を果たす、女性ホルモンの代表格「エストロゲン」。若い時はエストロゲンの分泌が盛んですが、加齢とともに、その分泌量は減ってしまうという避けられない現実があります。女性として生まれたからにはたとえ年齢を重ねてもいつもまでも美しくありたいと思うのは当然ですよね。年齢と共に減少してしまうエストロゲン。ですが食生活をほんの少し変えるだけで、エストロゲンの減少を食い止めることが出来るのです。エストロゲン増やす食材には何があるでしょう?その食材の一つとして「ゴマ」があります。ゴマには白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマなどいろいろ種類がありますが、ゴマに含まれる「ゴマリグナン」はテレビでおなじみの活性酸素を撃退するパワーがある他にも、エストロゲンと似た働きをし、アンチエイジングにも効果があることが最近の研究でわかってきました。


ゴマの驚異的な栄養パワー

胡麻の花

この「ゴマ」が活性酸素を撃退する力がある事は、アンチエイジングとおおいに関係があります。 活性酸素は体内でつくられる酵素によって除去されるのですが、加齢とともに酵素は作られにくくなるため、どんどん体内に溜まってしまいます。エストロゲン分泌バランスが乱れることは、結局は溜まった活性酸素、身体の酸化に原因があります。では、溜まってしまう活性酸素を追い出すためにはどうしたらいいのでしょう?それは、酵素を食事で補う必要があります。酵素は生の食べ物に多く含まれていますので、生野菜や刺身など加工されていない、生の食べ物をそのまま食べるのがお勧めです。とはいえ、生野菜は身体を冷やすリスクがありますし、お刺身に至っては、毎日食べるのは難しいですよね。そんな時のお助け食材として、ゴマが今注目されています。ゴマの中には、「ゴマリグナン」という抗酸化物質が含まれています。最近耳にする「セサミン」もゴマリグナンに含まれている成分の一つです。その他にもセサミノール、セサモール、セサモリン、エピセサミンなどという成分も含まれています。これらの成分をひとまとめにして「ゴマリグナン」と呼びますが、ゴマリグナンには脂質の酸化を防ぐ働きが特に強いそうです。ゴマ油が他の原料の脂よりもずっと酸化しにくく、変質しにくいのは、このゴマリグナンのおかげなのだそうです。そしてこのゴマリグナンは別名「ファイトエストロゲン」と呼ばれています。ファイトとはギリシャ語で植物性であり、体内で女性ホルモンと似た働きをすることから、その名がついたそうです。是非積極的に摂取したいですよね。ゴマリグナンの中でも最も強い抗酸化作用があるのがあの有名な「セサミン」です。ゴマリグナンはゴマの殻の中にあるものなので、ゴマをすり下ろしてから使うことがポイントです。そのまま食べて効果が期待できる量は、大匙1~2杯/一日ですが、すりごまの状態では身体に取り込めず排出されてしまう割合が大きいので、サプリメントで摂取した方が、効率よく効果を期待できそうです。



まとめ

美容

エストロゲンの減少の大きな原因、身体の老化。この老化を食い止める食材として「ゴマ」が注目されている事がわかりました。さらに体内で女性ホルモンと似た働きをするとあれば、一石二鳥です。ゴマをそのまま召し上がるのもよし、サプリメントで効率良く摂取するのもよし、あなたにあったやり方で、身体の老化を防ぎ、ゴマでアンチエイジング対策。早速今日からはじめてみましょう。