イソフラボンが女性力をアップ



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



女性力をアップさせるイソフラボン!知っているようで知らない大豆の力!


イソフラボンが女性力をアップさせる?サプリメントで補えるエストロゲンの不足

イソフラボンが女性力をアップ
更年期、あるいは何らかのホルモン異常によってエストロゲンが不足することにより、身体には様々な症状が現れます。皮膚や髪といった外見上の問題も発生しますが、血管がもろくなったり、コラーゲンやヒアルロン酸が減少することにより、皮膚も薄くなります。また、骨の生成力も落ちることから、骨粗しょう症の恐れも出てきます。
症状が重い場合は、病院でエストロゲンが処方されますが、もっと手軽に自分で補う方法にイソフラボンのサプリメントがあります。
大豆に代表されるように、イソフラボンはマメ科植物に多く含まれます。これらは、構造的にエストロゲンと良く似ており、フィト・エストロゲン(植物エストロゲン)と呼ばれています。大豆イソフラボンにはゲニステインやダイゼインなどの種類があります。
実はエストロゲンサプリメントも植物由来のものがあります。同じくマメ科のクズ目から抽出されるデオキシミロエステロール、エステロールなどが代表的です。しかし、これらはイソフラボンと比較して10~100倍もの効力があり、作用が強すぎるために健康維持には逆効果となり得るのです。

デオキシミロエステロール、エステロールは
イソフラボンの10~100倍もの効力


イソフラボンは体内に入ると弱いエストロゲン効果を発し、不足をサポートするのに適しています。

イソフラボンがエストロゲンを抑える不思議

img_isofla01
男性も年齢を重ねると女性のように明確ではないものの、更年期を迎えます。大豆イソフラボンをサプリメントで補うことにより、ホルモンバランスを失うことで発生しやすい、前立腺がんの予防に効果があると言われています。
更年期、また閉経後の女性は、エストロゲンが減少したことによる多くの症状を、大豆イソフラボンサプリメントの服用により、軽減することが期待できます。
では、エストロゲンの分泌の多い女性が大豆イソフラボンを摂取した場合は、どうなるでしょうか。
不思議なことにエストロゲンが多すぎると、大豆イソフラボンはその火消し役に回るのです。エストロゲンの緩和に作用し、エストロゲン過多によって引き起こされる乳がんの発生を抑制します。
大豆イソフラボンは、エストロゲンが少ない時には補充、多すぎる時には拮抗する、賢い成分であるといえます。

大豆イソフラボンをサプリメントで摂る際の注意

大豆
このように大豆イソフラボンはエストロゲンにとても良く似た構造をもっている上、補充と抑制の両方の性質を兼ね備えています。
このため、例えばがん治療などで抗エストロゲン剤を使っている場合に、その効果を打ち消してしまう可能性が高くなります。
ホルモン治療などの場合も、症状を悪化させたり、治療を阻害する可能性がありますので、服用は禁止されています。
自覚症状がない健康体の人が摂取する際にも、イソフラボンを濃縮したサプリメントの摂取には、1日の摂取目安量(30mg)を超えないようすることが望ましいと言われています。
大豆イソフラボンは健康を支えてくれる有能な成分である一方、ホルモンと非常に密接な関係があります。
不安な場合には、一度専門医に相談の上、上手に利用するようにしましょう。