美容品を選んで効率的な美容効果を狙おう



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



美容品を選んで効率的な美容効果を狙おう


エストロゲンの成分を含む美容液や化粧品

化粧品
エストロゲン成分の1つであるエストラジオールを含む美容液があります。「毎日ケアしてもシワやタルミが出ていく」、「乾燥が気になる」「疲れている?仕事大変?」等と聞かれる。美容オイルと言われる美容液等には、女性ホルモンと似た働きをするエストラジオールという成分を含むものがお勧めです。

 それでは、さらに詳しくエストラジオールについてみていきましょう。女性ホルモンである、卵巣ホルモン(エストロゲンの1種)は卵巣、ヒト胎盤、妊娠尿に多く存在します。白色の結晶または結晶性の粉末で、水にはほとんど解けず、エタノールにもやや溶けにくいですが、ジオキサンには溶けやすいというのが特徴です。皮脂分泌の抑制や、細胞賦活作用があり、クリームなどの化粧品にも使用されます。また、男性ホルモンである、ニルエストラジオールの阻害コカがあるため育毛剤にしようされることもあります。エストラジオールのホルモン含有化粧品には、その配合濃度に規制がありますが、医薬品としても使われており婦人科系の更年期障害を改善する目的でも使用されています。

美容液等の化粧品効果

美容
肌を構成する保湿成分の減少は、中年期肌の原因。エストラジオールは、女性らしさをサポートする働きで、潤い成分をサポートします。化粧品とは、基本的に「健康なお肌を清潔に保つ・美しく装う」ために使われるものであって、お肌の生理的機能に劇的な影響や変化を与えるもの、つまり「効く」ものではありません。その影響もあって、近年では特殊配合成分を添加した、薬用化粧品(医薬部外品)の研究が盛んになっています。
特殊配合成分とは、通常の化粧品原料のほかに、化粧品の効果効能を高めるために特別に配合される成分の事です。その中には、下記のようなものがあります。

1.ホルモン類 薬用化粧品に配合される、ホルモン類は、エストロン・エストラジオール・エチニルエス・トラジオール等の卵胞ホルモン(エストロゲン)のみが認可されています。卵胞ホルモンには皮膚の代謝維持・頭髪の発育促進、皮脂腺の成長促進、体毛の発育抑制・血管拡張などの作用があります。 卵胞ホルモンも使用できる種類や量について、厳しく規制されています。
2.抗ヒスタミン剤 お肌が荒れていると、少しの刺激で皮膚の中のマスト細胞が破れて、かゆみが出るようなことがあります。抗ヒスタミン剤はそのようなトラブルに効果があります。
3.ビタミン類 ビタミン類は皮膚の生理と深いかかわりがあり、老化防止や美白などさまざまな目的で化粧品に多用されます。ただ、全てのビタミンが化粧品に配合できるわけではなく、使用禁止となっているものもあります。主に使われるビタミンとしては、ビタミンで肌荒れ、シワ、ニキビ、あかぎれなどの防止・改善の期待があります。 ビタミンBに関しては肌荒れ防止や、フケ防止、ニキビ防止等に利用されます。ビタミンCとしては抗酸化作用があり、メラニン成分を抑える事が出来るので美肌効果が期待できます。ビタミンCのサポートによって質のよいコラーゲン繊維が出来ればお肌の弾力を保つ事にもつながります。ビタミンEに関しても、化粧品にすると活性酵素の害を抑え、肌荒れやしもやけ、ニキビなどを防ぐ効果があります。

美容を考えるうえで、エストロゲンの分泌を促す成分が入っている、特殊成分配合の化粧品を選ぶことが若さを保つ秘訣となるのです。