プラセンタが女性ホルモンの分泌助ける



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



プラセンタとエストロゲンの魅惑の関係


プラセンタで妊娠するって本当?

プラセンタ
美容と若さを保つ、と言う広告で知られるプラセンタですが、どのような機能があるのでしょうか。
プラセンタが美容に良いと言われるのはその豊富な栄養素にあります。
身体の細胞を作るアミノ酸を始めとして、多くのビタミン類がバランス良く含まれています。
カルシウム、鉄、亜鉛など身体を巡る血液の調整を行うミネラル、さらには新陳代謝の促進をする核酸にも恵まれています。
皮膚、骨、血液の再生を図り、調整をして身体の奥から若返りをサポートするのです。
元々プラセンタ、というのは胎盤を意味しています。
命の源である胎盤ですから、栄養が豊富なことも、様々な重要な要素が詰まっていることにもうなずけるでしょう。 そして、プラセンタの大きな働きの中に、エストロゲン様作用があります。
女性ホルモンと同様の働きをする機能です。
プラセンタ自体にホルモンが含まれるわけではないのですが、女性ホルモンの分泌を活発にして、卵巣の働きを強化します。
ご存知のようにエストロゲンは女性のバストを発達させ、張り・艶のある肌をつくり、女性としての生理機能をコントロールしています。
加齢やストレスなどによりエストロゲンが減少すると、更年期症状があらわれ、生理サイクルが乱れて妊娠できなくなります。
逆に過多になると、乳がんや子宮がんと言った病気を引き起こす恐れもあります。
プラセンタはこういった女性ホルモンの乱れをバランス良く整え、体内環境を妊娠しやすい、良好な状態にしてくれるのです。
このため、一部では不妊治療にプラセンタを活用しているところもあります。

子宮筋腫・閉経後の症状緩和にも?驚きの実力派プラセンタ

月経のある女性の約4人に1人はもっているという子宮筋腫は、良性ではあっても様々な障害をもたらします。
その発生の原因ははっきりしていませんが、エストロゲン過多やストレス、免疫力などが関係しているようです。
プラセンタの ホルモン調整作用の働きによって、この子宮筋腫を予防したり、成長を抑制する効果が期待できると言われています。
このようにホルモンバランスを整えるプラセンタですが、女性ホルモンが枯渇してしまう閉経後の症状にも有効です。
閉経前後はエストロゲンの働きによって状態が保たれていた身体の内外で、ホルモンバランスが乱れ、更年期症状を呈します。
外見的には、抜け毛・薄毛や肌のハリが失われたり、乾燥しやすくなるという悩みが多くなります。

また、さらに深刻なのは骨粗しょう症、うつ病や精神不安定など内面的な障害です。
プラセンタのサプリメントを服用することで、これらの症状が軽減されたという実感を持つ人が多いようです。
中には閉経後数年を経た後で、生理が戻ったという話もあります。
プラセンタは身体の細胞を成長させる強力な働きがあります。
全身の若返り、そしてエストロゲンの不足による女性としての衰えに、絶大な効果が期待できるのです。

プラセンタは女性の生涯を通じて、心強い味方となってくれそうです。
手軽に美しさを取り戻してくれる、プラセンタサプリメントを始めてみてはいかがでしょうか。