食生活を見直してエストロゲンUP!効果的な食べ方とは? | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



食生活を見直してエストロゲンUP!効果的な食べ方とは?


副作用の心配なし。自然の食物から摂取。

食生活でエストロゲンは増える

エストロゲンとは?

年を重ねても、出産した後でも、私たちは女性としていつまでも綺麗でありたいですよね。 女性の美容と健康に欠かせない重要な役割を担う「エストロゲン」は、女性ホルモンの主成分です。妊娠しやすい身体に整えたり、また妊活中の方でなくとも、美しい肌、艶のある髪の毛、女性らしい美しい曲線の体型をつくるなど、美容面でも効果は絶大です。また、気分を穏やかに安定させるなどの効果も。さらにコレステロールの増加を抑えて、動脈硬化を防ぐ。骨を丈夫にするなど、健康面でも大切なホルモンです。ですが、加齢ともにエストロゲンの分泌は減ってしまいます。エストロゲンを活性化させ、減少を少しでも食い止めることで、私たちの身体の老化を遅らせ、健康で、女性らしい心身を保つことが出来ると言われています。


エストロゲンを増やす食べ物

大豆製品

今回はエストロゲンの減少を食い止め、増やすための食べ物とその効果的な摂取方法をご紹介します。




大豆製品

女性ホルモンに似た働きをする栄養素をいえば、真っ先に思い浮かぶのが大豆イソフラボン。植物性エストロゲンの一種である「イソフラボン」は納豆・豆腐・おから・味噌・厚揚げ・きな粉など、大豆由来の食材に含まれています。

ビタミンE

エストロゲンは卵巣で作り出されますが、この卵巣の老化を防ぎ健康に保っている栄養素は「ビタミンE」です。ビタミンEは、モロヘイヤ・大根の葉・アボカド・アーモンドなどに多く含まれています。

ビタミンB6

卵巣でつくられた、エストロゲンの代謝には魚(特にマグロの赤身)・バナナ・にんにくなどに多く含まれている「ビタミンB6」が必要です。ビタミンB6をしっかり摂取することでPMSの不快な症状やつわりを軽減できると言われています。

たまご

一日に一個たまごを食べる事も効果的です。たまごというと「コレステロール」の代名詞のような悪いイメージを持たれる方も居るかもしれませんが、実は女性らしい身体を作るために欠かせない食材なんです。特に痩せ型の女性にお勧めです。

 

エストロゲンを減少させる食べ物

食生活を気をつけていても、一緒に摂取することによって、分泌を阻害してしまう食べ物もあります。

  • 緑茶・・カテキンはエストロゲン減少をもたらします。
  • ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜・・・この野菜に含まれる二つの成分はエストロゲンを減少させてしまいます。
  • みかん、オレンジなどの柑橘類・・・柑橘類にはエストロゲンを解毒する成分が含まれています。
  • きのこ・・・きのこには抗エストロゲンの働きがあります。

一見、すべてが健康に良いとされている食材ですが、エストロゲンの増加という観点ではどうやら控えた方が良さそうです。「絶対にダメ」と思うとストレスもたまりますので、たまに食べる程度ならOKくらいにとどめておきましょう。


強力なエストロゲンを含む食べ物

プエラリア・ミリフィカ

プエラリア・ミリフィカ

イソフラボンを摂取するのであれば「大豆」製品が一般的ですが、最近ではその他にもお勧めの原材料が搭乗しています。その中でもイチオシなのがこの「プエラリア・ミリフィカ」。マメ科の一種でタイやミャンマーなどの山岳地帯などに自生しているイソフラボンを豊富に含んだ植物です。その含有量は大豆の40倍と言われています。美容や長寿をもたらすとして古くから現地の人に重宝がられていました。では私たちはどの様にして食べることが出来るのでしょうか?プエラリアミリフィカの根の部分が大きな塊状になりエストロゲンはそこに多く含まれていいます。根の部分をすりつぶし様々な量に混ぜて食べることが出来ます。しかし日本では直接手に入らないのが現状です。


まとめ

いかがでしたか?安価で手に入りやすく、低カロリーな大豆に含まれる大豆イソフラボンがエストロゲン摂取に効果的な事がわかりました。効率的にエストロゲンを増やす食べ方として、大豆イソフラボンばかりを摂取するのではなく、ビタミンEやビタミンB6、良質なコレステロールなども合わせて摂取しましょう。