知らないと大変。更年期障害とエストロゲン | エストロゲンを増やす方法



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



知らないと大変。更年期障害とエストロゲン


エストロゲンを増やしてラクに乗り切ろう。更年期

年齢

更年期とプチ更年期

「更年期」とは閉経前後5年くらいのこと。年齢的には45~55歳くらいの時期にあてはまります。ただし更年期は個人差が大きく症状も人によってかなり違います。ちなみにたまに耳にする「プチ更年期」は20~30代の女性にも更年期障害のような症状がおこることがあります。


更年期障害とは?

更年期

更年期の年齢になると、個人差はありますが、卵巣機能がおとろえ、女性ホルモンの分泌が減って月経周期が不順になります。このときに現れる心身のさまざまな不調のことを更年期障害といいます。

主な症状

    • 〔血管系〕
      のぼせ、ほてり、発汗、冷え、動機、息切れ、高血圧

    • 〔運動器・皮膚分泌系〕
      関節痛・肩こり、腰痛、皮膚の乾燥、かゆみ、くちのかわき、外陰部の痛み

    • 〔泌尿器系〕
      頻尿、失禁、膀胱炎

    • 〔精神系〕
      疲労感、記憶力の減退、判断力の低下、イライラ、憂鬱、不眠、頭痛、めまい、耳鳴り

    • 〔内分泌系〕
      月経異常、膣の乾燥、性交痛

などがあります。なんだか読んでいるだけで落ち込むような症状ですね。

 

エストロゲンの減少による自律神経の乱れが更年期障害の原因だった

エストロゲンは周期と年齢で激変する

 女性ホルモンの主成分である「エストロゲン」は女性らしい美しさを保つだけでなく、排卵や月経のコントロール、妊娠・出産のサポートといった女性の健康を守るための重要な働きがあります。女性の一生はエストロゲンがつかさどっているといっても過言ではありません。 そのエストロゲンの分泌が閉経前後に急激に減少することによって、自立神経のバランスが乱れ、身体的、精神的にさまざまな不調が起こります。このエストロゲンの減少が更年期障害の一番大きな原因になっているんですね。できることなら、エストロゲンの減少を、すこしでもくいとめたいものです。



 

更年期障害を緩和するためのエストロゲン

更年期障害はエストロゲンの減少と深くかかわりがあるということがわかりました。そして、更年期障害を緩和させるには「エストロゲン」に作用する栄養素を毎日の食事で摂取することが有効です。

 

エストロゲンに作用する栄養素と食材

    • ビタミンE
      多く含む食材:かぼちゃ、アボカド、ナッツ類

    • 亜鉛
      多く含む食材:牡蠣、レバー、ごまなど

    • 大豆イソフラボン
      多く含む食材:豆腐、納豆、味噌など

 

毎日の食事で摂るのは難しい場合はサプリメントを上手に利用しましょう

    • 「基本のサプリ」
      キッコーマン 価格5.460円(税込)60粒入(約一か月分)

    • 「ローヤルゼリー+セサミンE」
      サントリー 価格5.940円(税込)120粒入(約一か月分)

 

まとめ

女性のエストロゲンは、50歳前後で急激に減少し、その後はずっと低い状態に。特に閉経後のエストロゲン量は男性よりも低い状態になるそうです。更年期は私たち女性にとって、避けては通れない出来事ですが、エストロゲンの減少を食い止める工夫をすることによって、更年期障害の緩和、そしていつまでも女性らしい美しさを保てるかもしれません。