エストロゲンで若返り



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです




女性の見た目年齢の違いは、エストロゲンのせい。

エストロゲンと更年期障害

エストロゲンの分泌
前述させて頂きましたが、エストロゲンは成長期といわれる中学生ぐらいから分泌量が増え、40歳代を過ぎると低下していきます。エストロゲンの分泌が始まる中学生くらいの時期には、脂肪も増え女性らしいボディラインになり、月経がはじまり、妊娠・出産出来る身体へと成長をし始めます。

逆に、年齢を重ねていくとエストロゲンの分泌量が低下するために、妊娠や出産のリスクも高くなり、閉経が来れば妊娠して子供を産むことが出来ない身体になってしまいます。

更年期エストロゲンの分泌と更年期障害には関係があります。女性特有の更年期障害として、手足の冷えや動機やめまい、頭痛や吐き気、肩こりや腰痛があります。これらの症状は自律神経のバランス(活動的にさせる交感神経と活動を鎮静させる副交感神経)が崩れることによりおこります。その原因の1つとしてあげられるのが、卵巣ホルモンである、エストロゲンの減少です。女性の身体が出産出来るレベルに成熟すると、脳の視床下部からは常に“卵巣から分泌されるエストロゲン”の量について監視をしていています。

ところが更年期に入り、卵巣の委縮とともにエストロゲンの分泌が低下すると、脳はパニックをおこし自律神経もおかしくなってしまいます。これにより、老化が進んでしまうのです。

エストロゲンと若返り

若返り
エストロゲンのこうかについて、おおよその事は理解できたと思います。
 それではエストロゲンが増えるとどのような、メリットがあるかについて説明していきましょう。
 実は100種類以上あるホルモンの中で美容(肌状態の変化)と関わりがあるホルモンの1つは「女性ホルモン」です。2種類のホルモンで「エストロゲン」と「プロエストロゲン」という2種類をさします。このうちの「エストロゲン」が若返りホルモンと言われ、エストロゲンが繊維芽細胞(せんいがさいぼう)に働きかけ、コラーゲンやエラスチンを合成する役割を持っています。

コラーゲンコラーゲンは食品などから摂取することによって体内でアミノ酸が分解され、必要に応じてあらゆるタンパク質に再合成されます。コラーゲンの働きは、美容という点においては肌の弾力や、ツヤなどを保つ働きを持ちます。また、髪の毛のツヤや爪への効果もあります。逆に不足してしまうと、さまざまなトラブルが生じます。これ―厳は生成能力を活性化させ、お肌の新陳代謝を良くすることで、シミをなくす効果があります。また、真皮にあるコラーゲンが不足してしまうとシワやタルミの原因になります。

コラーゲンがあることにより、シワやタルミを防ぐ効果があるわけです。

美容また、エストロゲンが作用して分泌されるエラスチンというホルモンがあります。このエラスチンはコラーゲン同士を結び付ける作用があります。弾性繊維ともよばれ、ゴムのように伸び縮みする性質をもっているので、皮膚の真皮や血管など弾力性の伸縮性が必要とされる組織に存在しています。
体内のエラスチン量は25歳頃をピークに緩やかに減少し、40歳代を過ぎると急激に減少のスピードが速まります。また、紫外線やストレス、喫煙などが原因で発生する活性酵素によりエラスチンは減少してしまいます。エラスチンが減少すると、肌の弾力が失われタルミが生じたり。血管の老化が早まり動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓等重大な病気のリスクが高まると考えられています。

女性ホルモン、つまりエストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれ、この作用で肌に張りと弾力がでます。また、体内に水分を蓄えるよう働きかけ、肌の潤いがアップし、血管拡張作用により肌色も良くなります。
たま抗酸化作用がありアンチエイジングに効果的なのです。