エストロゲンの分泌を促す効果があるコラーゲン



エストロゲンを増やす方法に関するサイトです



エストロゲンと似た働きを持つコラーゲン


アミノコラーゲンとエストロゲン

女性らしい体
不妊治療などにも進められている、アミノコラーゲン。これはエストロゲンの分泌を促す効果があると考えられ、女性には美肌効果などが期待できるものだからです。前述しましたが、女性ホルモンには2種類あります。①エストロゲン(卵胞ホルモン)②プログステロン(黄体ホルモン)です。

女性ホルモン2種類

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プログステロン(黄体ホルモン)

エストロゲンは美容に深い関係があり、卵巣や子宮の発達を促す排卵にかかわるホルモンで、肌をつやつやにし、女性らしい体つきを作る美容成分です。月経周期(月経期、卵胞期、排卵期、黄体期)はコラーゲンン合成が少ないので、外から摂取をしていくことが必要です。しかも年齢とともにコラーゲンが減少をしてしまう事を考えると、女性にとってコラーゲンは欠かすことが出来ないものになってきます。コラーゲンを取るという事で、エストロゲン自体を増やすというよりは、エストロゲンと似た働きを持つコラーゲンを取ることによって、エストロゲンと同様の効果が得られるという考えの方が正しいかもしれません。エストロゲンとコラーゲンの関係からすると、エストロゲンがコラーゲンの分泌に大きく作用しており、コラーゲンが、エストロゲンの働きをサポートする役割だからです。それでは、コラーゲンを摂取するにはどのような食品があるのかを見ていきましょう。

アミノコラーゲンを多く含む食品

コラーゲン
コラーゲンを多く含む食品としては、鶏の手羽先や魚のアラ、ヒラメやサンマ、スペアリブといった食品があります。これらは調理する時に煮込んで時間を置くと。汁がプルプルとしたゼリー状になります。これがコラーゲンが固まったものです。コラーゲンは骨や軟骨、腱、内臓、皮膚などの部位に多く含まれているので特に鶏の手羽先などはその部分をそのまま食べる事が出来るので、コラーゲン を無駄なく摂取できる食材になります。その他には貝類やクラゲやナマコなどにもコラーゲンは多く含まれていますが、コラーゲンは熱に弱く溶けだしてしまうため鍋や味噌汁、スープなどに具材を入れて汁ごと食べると摂取できます。色々な調理方法でコラーゲンを摂取することはできますので、調理法を変えて毎日、心がけて摂取することが可能です。
ふかひれまた、有名な食品にフカヒレがあります。フカヒレは100g中、80gがととても高いです。
ただ高級食材なので、毎日食べることが難しいことからサプリメントなどでの摂取もお勧めできます。
サプリメントの中でも、
フィッシュコラーゲンからできているサプリメントは、低分子で吸収力が高く、ビタミンCなどお肌に良い成分が配合されコラーゲンの吸収を助けるほか、年齢とともに減ってしまうヒアルロン酸を作る手助けをし、アルギニンという体内では作る事の出来ない必須アミノ酸が入っているサプリメントがおすすめです。
粉末タイプになっており、食事に混ぜても味が変わらないという事と、溶けやすいという事がお勧めです。お茶やコーヒーといった毎日飲んでいるような飲物があれば、飲物に混ぜて飲んでも摂取することが出来ます。

コラーゲンを多く含む食品

  • 鶏の手羽先
  • 魚のアラ
  • ヒラメ
  • サンマ
  • スペアリブ
  • クラゲ
  • ナマコ
  • フカヒレ